小島聡 vs. ライノ(2021/6/17 ImpactWrestling)

ライノ(Rhino)
って選手は、
いまナカムラシンスケと抗争している
キングコービンとNXTで同期だった選手です。
当時は、
めちゃくちゃ強そうにみえたんですが・・・。
(出典:ImpactWrestling)

こんにちは、ヤマガタです。

小島聡のImpactWrestling参戦は、けっこう長引いててスラミバーサリーまで持ち込まれるようです。

スラミバーサリーってのは、ImpactWrestlingの年間最大興行ですね(この記事)。

他サイトにまとましたが・・・

小島聡 vs. ディーナー(2021/6/3 ImpactWrestling)

小島聡 vs. ジョードーリング(2021/6/12 AgainstAllOdds)

こんな感じで、ViolentByDesignの一味とひとりずつ戦って行って・・・今回はライノでした(トップ画像)。


・勝った(小島聡が)


ラリアート
→フォール。

WrestlingObserverでは、以下のように、まとめられた試合でした。

試合自体は、ゆっくりとした、技の掛け合いだった。

ライノが小島を圧倒していたが、ラリアートとコジコジカッターから小島のペースになる。

エディエドワーズの励ましもあり、小島が最後、ラリアートで勝利を手にした。

The match had a slow, manipulative pace. Rhino kept Kojima down and out of everything for the middle portion of the match, before Kojima hit a lariat followed by a cutter. Edwards rallied Kojima at ringside which gave him momentum to hit Rhino with the Cozy Lariat for the three count and the win.

エディエドワーズが、いつのまにか小島聡の仲間になっているんですよね(他サイトこの記事)。

ただ、私は、そんなゆっくりしたペースの試合とはおもわなくて、小島聡が、うまく試合をみせていたとおもいます。

このひと(小島聡)は、アメリカンプロレス向きですね・・・。

試合も、いっちゃうぞ~(解説で”これはLet’s go!って意味なんだよね!”と言われていた)→ラリアート→コジコジカッター・・・と起承転結がはっきりしているので、みやすいです。

シグネチャームーブ、3つあると、わかりやすいですね。

というわけで、小島聡がライノに勝ち(上掲画像)・・・

さあ、大将のエリックヤングか?とおもったところで・・・エディエドワーズと組んで、ImpactWrestlingのタッグ王座戦だって。

FinJuiceが獲られたベルトですよね(他サイトこの記事)。

なんか、ちょっと残念でした。

エリックヤング vs. 小島聡がみたかったです。

どっかで、すでにやってそうな気もするが。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m