新興国株式市場の現状③:トルコ(イスタンブール100)おまけに南アフリカ政情。

(「イスタンブール証券取引所」出典:GEMConnect

こんばんは、品川です。

新興国の株式市場を調査しています。

南アフリカメキシコをすでに記事にさせていただきました。

今回はトルコです。


・トルコイスタンブール100


2018年をピークに下降し始めたのは、
完全に通貨の不調に連動している。
(出典:Bloomberg)

トルコの証券取引所は、İstanbul Menkul Kıymetler Borsası (Istanbul Stock Exchange)、 略号ISEと呼ばれます。

株式指数は、トルコイスタンブール100。

上掲画像のとおり、リラの最弱ぶりとは違い、わりとマトモ・・・という印象を受けます。

確かにCNNなんかをみていると、トルコに投資を!という宣伝をよくみかけます。

産業自体は活発なんでしょうか、ね・・・?

史上最高値を連発する日本やアメリカと、ほぼ同じ動きをしているのも興味深いです。

やはり株式投資家がみているのは政治情勢なのかな・・・と前回紹介したメキシコと比べておもいました。


・とおりすがりに南アフリカ政情。


DAはDemocratic Alliance

そういえば選挙に辛くも勝利した南アフリカ、ラマポーザ大統領の新内閣発表が近づいていますね。

ラマポーザの新大統領就任が(2019年5月)25日南アフリカは「大統領制」という名の議院内閣制ですー。

翌々日の27日に新内閣を発表すると言われています。

ソース:Here’s where the rand could go after Ramaphosa chooses his cabinet

要注目ですね。

できりだけ早く記事にしたいとおもっています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m