コーディTweet全文

コーディTwitter

こんにちは、ヤマガタです。

コーディAEW離脱のつづきです。

すでに日本時間で0時(現地時間でお昼くらいでしょう)、コーディが公式にAEW離脱をコメントしています。

参考:Cody Rhodes Confirms His AEW Departure, Tony Khan Issues A Statement


1. ありがとう


AEW楽しかったよ。ロッカールームもファンも・・・みんなさ。

レボリューションは、確かに現実のものとなった。

その一翼を担わせてもらって幸せだった。

I have loved my time at AEW. Amazing locker room, amazing fans, amazing people. The ‘revolution’ was indeed televised, and I’ve been incredibly lucky to be part of that.


2. トニーカーンは悪くない(非本音)


なによりもまず、トニーカーンに感謝したい。。

彼がオレのバトンを受け取ったんだ。そして彼がそれを持って走る。

彼と一緒に仕事ができたことは嬉しかった。

彼は素晴らしい人物だ。

First, I want to thank Tony Khan. He’s taken the baton and run with it, and it was an honor to work for him and to know him on a personal level. He’s a beautiful soul.

次に奥さんのブランディローデスへの感謝の言葉がつづきますが、省略します。


3. 日本人には言及しないのかよ


ヤングバックスのふたり、ありがとう。

ケニーオメガありがとう。

ジェリコありがとう。(チキンって誰?)

I also need to thank Nick and Matt Jackson (these two, whether they know it or not, took an undesired and not confident little cub and gifted me the confidence to become a leader of the pack), Kenneth Omega, Chris Jericho, Chicken…we started the fire. I must thank Tim W/Keith M/Greg W and the amazing production crew who understood and captured the vision with such grace, I can’t name everybody. But thank you to Megha, Margaret, Harrington, Jeff Jones, Dana, Tony Schiavone, Bern, Raf, and the hardest worker in the game, QT Marshall, for propping me up and kicking me in the ass when I was running on fumes.

“I must thank all my kiddos… MJF, Jade, Sammy, Darby, Lee, Ricky, Tom, The Gunns, Brock, Velvet, Nyla, Aubrey, Turner, Vanilla, Solo, Spears, Julia, Anna, Will, Wardlow, Sonny, Fuego 1 and of course, -1. While we’re at it, give Jade the Codyvator!

こういうのって、引き算でみたくなりますよね。

志田光・・・いないですね。団体当初の女子部門のトップだったんんだが。

あと、CMパンクと、ダニエルブライアンいないんじゃないか?

本名で言及されているかも。

でも、されてなかったら、闇を感じますね。

つまり「追い出された」。


4.  TNT, TBSの親会社ワーナーありがとう


ワーナーメディアには感謝したい。

Also need to take a moment to thank the great partners at Warner Media including Brett, Sam, and the rest of the team. I have so many milestones and beautiful memories of this renaissance…through sweat, blood, tears, literal fire, and all that…I left it all on the mat.

まあ、ここら辺もTV局のお偉いさんと、トニーカーン・・・という利益関係者の影がみえてきます。

(なんか、病んだ記事になってきて、すみません。)


5. ここが本音かな


・・・まあ、以上の言葉は、前置きみたいなものですから、肝心なのは、どこで事情に触れるか、ということです。

その手掛かりは最後の1段落に触れられるに留められました。

すべての思い出が輝いている。

オレが、AEWに居た最後の瞬間にくらべると、ますます輝くんだ。

AEWのコミュニティーは、出発時のチームを超えて行った(the communityで複数形ね)。

オレの後は、Amanda Huberが部署を上手くまとめてくれるよ。

Everything pales in comparison to the final contribution I was empowered to lead at the company, the community outreach team. In the most inward moments, your outward behavior and your ability to take fame/influence and do something of value for the communities you visit (whether the cameras are on or off) is the highest honor. I am confident Amanda Huber will lead the department with style. I’m so proud of my creations and contributions and the items I supported or collaborated on with such wonderful professionals

この最後のところを深読みすると↓

コーディ「AEWの世界は、もう当初のアンチWWE団体どころではなくなった。独立のコミュニティーとなり、オレの手を離れて行った。」

コーディ「ずいぶん前から、オレは狭い部署だけを担当して、クリエイティブには関与していなかった(できなかった)し、どの選手をーたとえばCMパンクとかーを加入させようか、といった人事決定権は失われていた。」

コーディ「AEWをコントロールできる立場にはなかったんだ!」

・・・と暗に伝えているようにおもえます。

もちろん、ここで騒ぐと、数倍コンプライアンスにうるさいWWEへの復帰の道が閉ざされますから・・・

コーディは、このツイートで最低限のことをした、というところでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m