フィナステリドの今⑪:エフペシア。

こんばんは、バールドです。

銘柄一杯のフィナステリド含有薬についてまとめています。

今回は、エフペシア(F-Pecia)をご紹介したいと思います。


・エフペシア


1箱100錠

2箱で

5,122円。

エフペシア(F-Pecia)。

なつかしい・・・というのが率直な感想ですね。

まだ販売していたのか、という感じです。

一応お値段出すと、2箱200錠で5,122円ですから・・・

5,122円÷200錠=25.61円/錠となります。

フィナロ(18.95円/錠)より高いですね・・・。


・値落ちしていると思っていた。


もうフィンペシア(上掲画像)に

すべて委任されていた

と思っていた。

「ペシア」の語尾で気づくかたもおられるかもしれませんが、エフペシアはフィンペシアと同じインドのCipia社の製品です。

しっかりキノリンイエローを含んでいます(エフペシアが)。

このキノリンイエローの弱点(単純に消費者が嫌がったというセンチメントの話なんですが)を克服して作られたのがフィンペシアでした。

フィンペシアが1錠26.17円/錠ですから、このエフペシアが取り立てて安いという訳でもありません。

てっきり、まだ販売されているのだから、ごっそり値段が落ちているのかと思っていましたが、そうでもありませんでした。

はっきり言って、なぜエフペシアが残っているのか、なぞです。

なぞですけど、売っています。

特におススメする理由は、な、い、です・・・。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m