芸能人と薄毛:ポールサイモン

こんばんは、バールドです。

芸能人、というか有名人を題材にして、薄毛について考察しています。

・・・女性も扱ってみようかな、と考えています。


・ポールサイモン


1975年(34歳)

今回とりあげたいのは、ポールサイモン(Paul Simon 1941 – )です。

まだ(2020/11/16)、いやもう、80歳になりますか・・・。

サイモンとガーファンクルは世界で最も成功したアメリカのフォークデュオです。

知らないひとは各自テキトーに調べてください。

で、ポールサイモンですが・・・このひとの事例を見て、私は最終的に、植毛を止めました。


・劇的に”復活”


1981年(当時40歳)

ポールサイモンが植毛で30代のキャリアを棒に振ったのは有名な話です。

参考:~KING OF POPS・・・8~(←もっとはっきり書いていた日本語のブログあったと思いましたが、消されたのかな・・・?)

・・・で、突然、上掲画像で登場しました。

植毛・・・と知っていたなかった私は、ああ!がんばれば治るんだ!!と、最初見たとき、おもいました。

つまり前の1975年の画像から、ポールサイモンは、食事療法とかそういうので、上の画像(1981年)にまで回復した・・・と、そう誤解したんですね。

見れば、いかにも、そう(食事療法なんかで回復したと)おもいたくなる薄毛っぷりじゃないですか・・・

・・・でも、もうすこし調べたら、どうやら、そうではないらしい・・・植毛らしい・・・ということが判明しました。

じゃあ、植毛に進むべきなのか?

いつものように頭がぐるぐる回っていました。


・やはり戻る


2015年(74歳)

しかし、ポールサイモンのその後の画像を見るにつけ、植毛では解決しないだろう、という結論に至りました。

それを表しているのが上掲画像ですね。

これは以前の記事でもお伝えしたことですが・・・

植毛後も何かにつけてクリニックを訪れなければならないだろう・・・

・・・という確信が、ポールサイモンの”研究”によって明らかにされたのです。

つまり植毛しても、いずれは抜ける。

抜けなかったとしても、他の場所が後退し始める・・・。

また、なんやかんやで、一度、医者のロジック↓にハマると抜け出せなくなるは明確でしょう。

植毛

→ あともう1回植毛が必要ですね

→ ちょっとおクスリ試してみましょうか・・・

→ どうでしょう、薄くなって来たココにも・・・

・・・たぶん、こんな感じで↑カネを搾り取られるんじゃないか・・・そんな風に思うようになったわけです。

実際は、どうか、わかりません。

ただ、初期費用100万円は”賭け”をするには大きすぎた。

そんなこんなで、薬物治療・・・もう8年、10年にもなろうとしています。

ひとつ言っておきたいのは、ミノキシジル+デュタステリドでも、この位(~10年)は時間がかかるということ、です。

なので、いますぐ薄毛を治したい、というひとは植毛OKだとおもいます。

だから芸能人は、そっちに手を出すのでしょうね・・・

なんだか、まとまりませんが、とりあえず以上です。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m