ジェイホワイトが新IWGP王者に!!

(「超出世コース」出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

建国記念日にあたる(2019年)2月11日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で、新日本プロレスTHE NEW BEGINNING in OSAKA興行が行われました。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・まさかのマス棚橋2カ月天下。


たーなはし!

たーなはし!!

たーなはし!!!

今年のWK13で、ケニーオメガAEW移籍を先取りする形で、IWGPに返り咲いた棚橋弘至ですが、まさかの即陥落です。

・・・ただ、この人ってアレですね。

たぶん、そういう次元でプロレスの試合、最早考えていないですよ。

団体全体っていう広い視野で考え、振る舞っていると思います。

プロレスなんで勝敗は先に決まっているんですけれども(←おい)、それに対する感情表現って、結構レスラーによってさまざまです。

若いレスラーとかだと、露骨に顔に出ちゃうんですよね(例えばWWE移籍直後のカイリセイン)。

その点、マス棚橋は、この試合でも最後、棚橋コールが来るともっと力をくれ!!みたいなリアクションを満面の笑みでします(上掲画像)。

すごいです。

大人のなかの大人を見る気がします。


・試合は・・・。


とりあえず見納め。

試合は・・・ですね・・・。

やっぱり私(ヤマガタ)がマス棚橋の試合と相性悪いので、面白くなかったです。

本当に棚橋弘至というレスラーは、ロマンレインズの日本版、というかロマンレインズが棚橋弘至のアメリカ版、ってくらいに尊敬できる、世界で最も成功したベビーレスラーなんですけれども・・・。

たぶん、私がナカムラシンスケ派だからだと思います。

ナカムラシンスケは今でも試合は好きです。(ただ、キンシャサへのムーブがマンネリ化し過ぎていますけれども。)

ちがいますよね、マス棚橋とナカムラシンスケ。

だからマス棚橋の試合、私、ダメなんでしょう。

とにかく身体が重い。

師匠のマスター武藤と同体形へ一直線です。


・ジェイホワイトがIWGP王者に(マジか?)


TTO!!

Tanahashi Tap Out

(逆4の字固め)

よ~く考えると、あれだけケニーオメガが願っても願っても獲れなかったIWGPをあっさり獲ったのですから、キャリア的には、今回のジェイホワイトの勝利は一生の財産になるものです。

あるいは内藤哲也を被らせてもよいでしょう。

そのくらい、IWGPを獲るというのはレスラーにとってステータスだと思います。

正直、オメガ流出時の端境期(はざかいき)と言えばそこまでなんですけれども、でも、結果は結果。

今回のジェイホワイトの勝利で、まだぐぐっと新日本プロレスが動きますね。

海外では今、ザックセイバーJr.の人気、そしてウィルオスプレイの人気が目立って来ています。

実はインディーシーンはイギリス中心に動いているのかな、なんて最近思ったりします。

そんな中、ジェイホワイトは誰と抗争するのかな・・・。

ウィルオスプレイでしょうね。

新日本のメインが外人2人で自然に見えるようになる日は近いかも。

それがメイ社長の今たくらんでいることなのかな。

見守りましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m