ナカムラシンスケの最近(2021/5/7 SmackDown)

ThrowBack edition
(だからといって特に何かあったわけではない)
出典:WWE

こんばんは、ヤマガタです。

セザーロは先週のダニエルブライアンの追放(契約切れで離脱というウワサも出始めています)を受け、BackLashでロマンレインズ戦が決まりました。

これは新日本プロレスでいえば、オカダカズチカ戦が決まった、というようなもので、スポットライトの中心に立った、ということです。

その一方で、もと相方(しかもメインだった)ナカムラシンスケは、トップ画像のごった煮10-Manタッグマッチ要員に駆り出されていました。

メンツは・・・

アポロクルーズ, オーティス, チャドゲイブル, キングコービン, サミゼイン

vs.

ビッグE, ナカムラシンスケ, ストリートプロフィッツ(2人), ケビンオーエンズ

・・・でした。

ナカムラシンスケ、ほんとうに、こういう要員多くなりましたね。在米日本人の需要があるのかな・・・。


・負けた


すげー顔だな。

10-MANタッグなんかに駆り出されるのは結構なんですが、とにかく、ナカムラシンスケは浮きます。

キングコービンとおなじくらい浮きます。

キャラが走り過ぎちゃっているんですよね。

こういう10-MANタッグに一番はまるのは、ストリートプロフィッツのふたりですね。

・・・ちなみにナカムラシンスケはセザーロと組んで、ストリートプロフィッツと戦っていた時期もありました(リンクおなじ)。

キツイですね・・・ナカムラシンスケ。

とくにもう、プロレスで目標もないでしょう。

たぶん、カネで自分を満足させているとおもいます。

ここら辺が決定的に、アンドラーデやダニエルブライアンと考え方が違うとおもいます。

人生は成功したでしょうが、ファンの目からは失敗にみえる。

そんな風におもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m