カブキウォーリアーズvs.シャーロット(2019/12/2 RAW)

(「カイリセインが
じわじわと味を出している」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

直近(2019/12/4)のAEWは同じようにつまらなく、NXTもKUSHIDAが復活したくらいなので、今回のWednesday Night Warsは視聴者数ともに、70万人~50万人くらいのつまらない戦いになるとおもいます。

KUSHIDAもあとで時間があったらみてみます。

むしろ興味深いのは、もりあがっているカブキウォーリアーズ(ASUKAとカイリセインのタッグ)でしょうね。

RAWでシャーロットとハンディキャップマッチしたみたいです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・もうムチャクチャ並みのRAW?


向かって右のアナウンサーさん
Charly Caruso)は
はっきりいってエロいです。

WrestlingObserverが、ムチャクチャ並み(excruciatingly average)と評した今回のRAWですが・・・

・・・な、ぜ、か、ASUKAとカイリセインが抱き合わせ商法で、巨漢(ほぼ180cm)のシャーロットと対戦しました。

試合としては1対タッグ、つまりリングにカブキウォーリアーズが同時にあがっている本当の1対2ではなかったのですけれども・・・

レッスルマニアでシャーロットと歴史にのこる試合をしたASUKAとしては、ちょっと不満だったかもしれません。

試合前、そんなことを絡めてASUKAたちがインタビューを受けます(上掲画像)。

それに答えているのがトップ画像です。

内容は推してわかるものなんですが、案の定こんなことを言っています。

インタビュアー「ASUKA・・・」

インタビュアー「これからシャーロットとのハンディキャップマッチにのぞむけれども・・・」

インタビュアー「どんな気持ち?」

インタビュアー「シャーロットといえばレッスルマニアで、あなたの無敗記録をとめた選手よ・・・!」

ASUKA「だれやとおもてんのじゃ!」

ASUKA「わしらを!」

カイリセイン ははははははははは。

ASUKA「シャーロット?」

ASUKA「はあ?」

カイリセイン ははははははははは。

ASUKA「イチイチ(1対1)でもいけるがな!」

カイリセイン 「ねえさん・・・」

カイリセイン「ボッコボコですよね!」

ASUKA「いやも信じられへん」

ASUKA「無理無理無理無理・・・」

ASUKA「うぃーうぃるび~~ちゅ~~~」

カイリセイン「い~ぢ~~~~」

カイリセイン ははははははははは。

(まだつづく・・・)

ちなみにぜんぶ日本語です。

でもASUKAが、とにかくやりやすそうです。

カイリセインも、こっちのほうがやりやすそうですね。


・勝った。


シャーロットがフィギュアエイト
をしている真上から
インセインエルボー!!

WrestlingObserverも言っていましたが(Twitterで)、たしかにカブキウォーリアーズとしては、最高の試合でした。

フィニッシュは上掲画像のとおり、シャーロットがレッスルマニアでASUKAをくだしたフィギュアエイト(8の字固め)をしているところ・・・

・・・真上からインセインエルボー!!

これは相当プロじゃないとできないです・・・ね・・・。

けっこう長い試合した後、この位置どり(ちゃんとインセインエルボーがしやすいようにフィギュアエイト)ですからね。

男子戦なみに訓練しないと、これはできない・・・。

個人的には、かなりスゲーとおもった試合でした。

いいですね。

カブキウォーリアーズ。

このキャラで、このままバク進してほしいです。

応援しています。

ちなみにトザワも、ドリューマッキンタイアとかと試合し、かなり日本人的には見ごたえあるRAWだったので・・・

・・・ぜんぜん並みじゃないかな。

すごく面白かったです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m