アスカを叩いてはいけない。その7(終)

(「ブルさん、やったよ・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。日本のマット界では「華名(カナ)」、WWEでは「ASUKA」で活躍しているアスカ選手が、ついにNXTから昇格し、2017年10月22日、RAWブランドのTLC(テーブルラダーチェアー)大会でデヴューしました。

アメリカメディア等では辛口に批評された本デヴュー戦ですが、一体どんな結末を迎えたのでしょうか。

・・・

ところで、アスカ選手の前にアメリカマット界で活躍した女子プロレスラーと言えば、偉大な大先輩ブル中野選手があげられます。

(「ブルせんぱい」出典:WWE)

獰猛なファイト!!

ヒールの中のヒール!!!

アメリカの女子レスラーを幾度となく恐怖のどん底に陥れたものでした!

恐怖のどん底に!

恐怖の!!

ど・・・

(ご本人ブログより:

クリックで移動します)

・・・。

・・・いまは中野でスナックを経営なされているようです。

連載第7回目。最終回です。

(以下、画像出典はすべてWWEです。)


・試合のつづきです。


不敵な笑みを浮かべるアスカ選手。

至近距離で撮影。

エマ選手の猛ラッシュが終わりました。

相当なダメージを受けたのにもかかわらず、不敵な笑みを浮かべるアスカ選手。

会場からは「アスカがんばれー!」の声も。

何と言っても、よく聞かれるのは「Asuka’s gonna kill you!」ですよね。

正しい用法。


・反撃のラッシュ!


低空ドロップキック!!

アスカ「おっしゃー!

ミサイルキック!!

アスカ「どや~!!

今度は腕を捕まえて、

エマの顔を足蹴(あしげ)!!

アスカ「うら!うら~!!!

エマ「ごめんなさい!ごめんなさい!!

なんか公開処刑みたいに成って来たぞ!

でも審判は、黙認!!


・ラッシュは続く!!


バックスピン!

アスカ「うりゃッ!」

ボム!!!

投げっぱなしジャーマン!!

アスカ「おら―ッ!!!

エマ「きゃー!!!

右ハイ!

ラッシュ!!

エマの顔が心配だ!!

・・・っていうか、

アンタ、

どんだけ体力あるんだ?


・そして決め技!!


アスカ「決めーる!!」

エマはもうフラフラ・・・。

でた!

アスカロック!!

完全にアスカの顔が、

いじめっ子になっている!!

アスカローック!!!

「逃がしまへんで~!」

だから、

アスカ、

ローック!!!

絶対こんなひとに

ケンカ売らないようにしましょう!


・タップ、タップだ!


エマ「ぐげげ・・・

エマ、タップ、

タップだ!!

上の画像と区別がつかないけど、

ギブアップだ~!!

カンカンカン・・・

ワーワー・・・!!


・というわけで、快勝!


筋肉ンパン。

こうして、アスカ選手のデヴュー戦は、大逆転勝利に終わりました。

後半部分を見ると、アスカ選手の強さが十分伝わって来ますね。

でも、ゴールドバーグ選手の継承者として売り出すなら、もっと圧勝であってもいい・・・。

エマ選手を寄せ付けないような強さで、一気にRAWの「女帝」に成って欲しかった・・・。

これが、海外メディアの期待していたところであり、不満の理由だと思います。

でも、まあ、いいでしょう。

快勝でした!

アスカ選手の無敗記録は、まだまだ続きます!

・・・

これにて、本連載は終了です。

昇格したアスカ選手のRAWでの今後の活躍に期待しましょう!

がんばれ!エンプレス・オブ・トゥモロー!!


・おまけ。


おつかれさまでした・・・。