けっこう簡単に負けるのね・・・(2018/4/24アスカ選手キャッチアップ)。

(「絶対勝ちそうだったが・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。グレイテストロイヤルランブルも終わりました。なんとも言えない感じでしたが、気を取り直してレギュラー番組をキャッチアップしてみたいと思います。

現地時間(2018年)4月24日のSmackdownのアスカ(ASUKA)選手をキャッチアップしてみましょう。

この回は、ビッグキャス選手のヒールマイクがあり、ナカムラvs.AJの6人タッグマッチが行われた日でもありました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・「ジ・アイコニクス」らしい。


スクリーンに映った自分たちを見て、

うっとりしている。

ビリーケイ(Billie Kay)ペイトンロイス(Peyton Royce)です。

何度も言ってますけど、カイリ選手とNXTでひ~こらフェイタル4WAYやってたひとたちです。

なんだこの大出世。初めから違和感なくSmackdownに溶け込んでます。

ちなみに「The IIconics」で無理矢理「アイコニクス」と読ませるみたいです。

では、マイクを聞きましょう。

アイコ「シャーロットは、レッスルマニアでアスカの連勝記録を止めた。」

アイコ「で、私たちはシャーロットを王者から引きずり下ろした。」

アイコ「ということは、私たちは、アスカに勝ったも同然ね!」

こういうの「総合格闘技の論理(MMA math)」と言うみたいです。アナウンサーが言ってました。

つづけます。

アイコ「エンプレスオブトゥモローも、もうエンプレスオブイエスタディーね・・。」

おやじギャグだが、ビリーケイの顔が面白いから認めてしまう。

アイコ「私たちが今やフュー(チャー)・・・」

というところで、ベッキーリンチとアスカ選手が登場(本記事トップ画像)。


・ガチで負ける。


いつも思うんだけど、

これってアリなの?

完璧なベッキーリンチ&アスカ選手のタッグでしたが、なんか知りませんけど、スクールボーイでベッキーリンチがフォール取られて負けています。

あきらかにWWEは、「これからはアスカも容赦なく負けさせるで~」という予告をしているのであって、この先、アスカ選手の起用に注目が集まります。

個人的には、黒アスカになって欲しい。(あるのか?)

目の下真っ黒くろにして「うわぁ~△◆!!」とか言いながらパイプ椅子でシャーロットとかバキバキにして欲しい。(あるのか?)

で、ベッキーリンチも裏切って欲しい。

そんでナイアジャックスに肩車されて入場して欲しい。

・・・なんて思っています。

ヒールターンは個人的にマストなんですけど、みなさんどう思ってるんですかね。

もとからアスカ選手のキャラ、ベビーじゃないですよね、あれ。

ぶつぶつ・・・。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m