Survivor Seriesその⑥終:前座でなくなった205Live。

(「おしっこもらすな」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間(2018年)11月18日、WWEのPPV大会、サバイバーシリーズ(Survivor Series)がカリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズセンターというキャパ15,000人強のところで開催されました。観客動員数はWrestlingInc.によると16,320人だったみたいです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・前座でなくなった205Live。


地味ですけど

リオラッシュ(205Liveの選手)

もチームRAWの一員として

出場していました。

リーダーのストローマンに

「オマエだれだ!?」

という応対を受けている。

今回のSurvivorSeriesは、本当に地味でしたけれども、色々な転換点が見られたPPVだったと思います。

その中で、やはり地味ですが、転換点と見られたのが、いままでずっと前座(PreShow)だった205Liveが本戦に格上げになった、ということです。

この本戦格上げというのは、ロイヤリティー関係で選手が神経をとがらせる所みたいですね。

前座(PreShow)である限り、PPV関連の収入分配はないみたいで、ネヴィルとかはこの点が不満で205Liveを辞めたみたいです。


・ドレイクマーベリックはRAWで何やってんの?


ビッグショーに襲われて

おしっこを漏らしている。

ガチで出したみたい)

ちょこちょこと205Liveが、メインロースターに絡むのが見て取れます。

たとえば、205LiveのGMと、オーサーオブペインズ(AOP)のマネージャー、二足の草鞋を履き始めたドレイクマーベリックですが、アンダードッグキャラは、AOPのマネージャーとして演じているみたいですね。

グレーのパンツに、おしっこの筋が光ります・・・(上掲画像)。


・肝心のアリvs.バディマーフィ。


放送席からのスパニッシュフライ!!

で、205Live自体のメインは、オーストラリア大会で晴れてクルーザーウェイト王者になったバディマーフィvs.人気者のムスタファアリでした。

・・・すばらしい試合でした。

バディマーフィvs.ムスタファアリは、今の205Liveのゴールデンカードですね。

アリの貢献度が凄く、オマエほんとに死ぬぞ?みたいな無茶なことをたくさんします。

会場からもツーオーファイブ!!の歓声が出るようになり、完全に、知名度ではなく試合で観客を魅了できるようになってきています。

あとはこの場に、ヒデオ選手か、トザワ選手、立つことができるか・・・ということなんですけれども、正直、レベルがかなり高いです。

1回立つだけでも、実現してほしいですね。

205Liveは、もっと盛り上がって行く気がします。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m