205Liveの新GMは、Rockstar Spud!!

(「ビッ〇ども!よく聞け!!」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。ロイヤルランブルについても、そのほかのネタについても、まだ論じ終えていないのですが、鬼のように展開して行くWWEのストーリーに追いつこうとすると、どうしても、いろいろ並行して書かなければなりません。・・・そういうわけで、今回はこの記事から注目されていた、205Liveの新GMがついに明らかになりましたので、そちらのほうを記事にさせて頂きたいと思います。


・新GMは、ロックスタースパッド!!


(「スパッドだ!!」出典:WWE)

新GMの紹介は、205Live始まってから直ぐに為されました。

まあ、ショー的にはSmackdownもあって、MixedTagMatchもやったんですよね・・・。観客的にも、クタクタだったんだと思います。

さて、WWEオンリーのかたには見慣れない顔かも知れませんが、ダニエルブライアンと一緒に出て来た上掲画像の「イケメンおっちゃん」は、TNA(現Impact Wrestling)ではお馴染みの、ロックスタースパッド(Rockstar Spud)氏です。

すでに、メディア関係ではスパッド氏がTNAを退団してWWEと契約したことは周知の事実でした。

でも、みんな、それは「選手としての」契約だと思っていたんですよね。

確かに、体格的にも205Liveぴったりで、まだ若いし(34歳)、キャリア形成としても納得の行くところでした。

顔だけズームすると、トムクルーズよりイケメンですしね。


・で、スパッドってだれ?


(「よわすぎるスパッド氏」

出典:TNA)

でも、「ロックスタースパッドって何者?」というのがほとんどのかたの言いたいところだと思います。

私もあんまり詳しくないのですが、たま~に出来心でTNA(現ImpactWrestling)を観ると、よく見かけた選手でした。

印象は強烈でした。

ほとんどTNAなんか観ないのに、覚えているくらいですから。

このひと(スパッド氏)の特徴は、一言で言えます。

弱いです。

「なんでこんな弱っちいのがプロレスやってんだ?」と思ったことを、よく覚えています。

でも、リング外では存在感バツグンですから、205LiveのGMにはピッタリかも知れませんね。

結局、「タイソンキッドとエルスワースとホーンズワグルを足して3で割ったような人物」がGMに成ったわけですから、私の予想も当たっていたと言ってよいのではないのでしょうか。

(・・・あっ、アキれてサイトを離れないでください・・・!)


・ドレイクマーベリック(Drake Maverick)!!


(「マーベリック!!」出典:WWE)

そんなこんなで、ダニエルブライアンが新GMを紹介します。

ブライアン「2016年、私はCWC(クルーザーウェイトクラッシック)に関わることができて、最高に幸せだった!」

ブライアン「その縁で君たちに、新GMを紹介させて欲しい!!」

観客「スパッド!スパッド!!」

ブライアン「ドレイクマーベリック!!」

観客「・・・????」

シーーーーン・・・。

観客「・・・(おいスパッドじゃねーのか?)」

ざわざわ・・・。

アナウンサー「そうっすよね。」

アナウンサー「どう見ても、ロックスタースパッドですよね・・・。」

・・・・・

ここが一番ツボでした。

ブライアンは、言うだけ言って、とっととズラかって行きました。


・でもメゲないスパッド氏!!


(「ビッ〇ども!!」出典:WWE)

でも、TNAでさんざんヘタレキャラをやって来たスパッド氏は、この程度の逆風などものともしません。

スパッド「ビッ〇ども!!よく聞け!!!オレはマーベリックだ!!!!」

観客「おお・・・。なんかそんな風に見えて来たぞ・・・。」

スパッド「ビッ〇ども!!どうよ!!これから、クルーザーウェイトのトーナメントするってのは!!」

スパッド「決勝戦はレッスルマニアだ!!さっそく、はじめるぜ!!」

スパッド「分かったか、ビッ〇ども!!Don’t We!?」

わーわーわー・・・・。

もちろん、「ビッ〇」なんて本当に言ってません。


・トーナメント開始!!


(「女子もドキドキの展開♥

出典:WWE)

そんなこんなで、今はなきエンツォアモーレのベルトを賭け、205Liveメンバーによる、熱いトーナメントが急遽開始されました。

今回(2018年1月30日放送分)は、第1試合で、セドリックアレクサンダー vs グランメタリックという好カードが早くも実現し、セドリックアレクサンダー選手が勝利。

そして第2試合では、初代英国王座に輝いたあのタイラーベイト選手が緊急参戦し、TJパーキンスと対戦しました。タイラー選手は惜しくも負けてしまいましたが、セクシー度全開のファイトで観客を魅了しました(上掲画像)。

(205Liveの懲りない面々については、こちら!)


・ヒデオ氏は来週、205Live参戦後最初の山場を迎えるかも!?


そういうわけで、ヒデオ選手の出番は今回はありませんでした。

トザワ氏は、ちゃっかりコントで出演していました。

それより、トーナメントでのヒデオ選手の初戦は、NXTの強豪ロデリックストロング(Roderick Strong)選手であることが予告されています。

これは注目です。

205Liveに移籍してから初の、ヒデオ選手の超本気のファイトが見られそうな予感です。

・・・・・

それでは。

今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m