これもひどい(2019/3/26 Smackdown)。

(「いやひどくないんだけどさ・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

アスカの記事のつづきです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・またガントレットマッチ。


ビンスがんばるねー。
やっぱりシェインじゃ
ダメなんでしょうか。

TheNewDayが見事な蘇生をとげたということを以前の記事でお伝えしました。

コフィキングストンが理想的な形でベビーとして蘇生し、現在、ベッキーリンチなみの人気を誇っています。

そこで今回、コフィの脇を固めるビッグEと、えっ!こんなことしてたの!?話題騒然のゼイビアウッズによる、タッグ戦でのガントレットマッチが行われました。

そこまではいいんですが・・・


・タッグでガントレットマッチ。


出て来るだけで雰囲気を
MainEventに変える。

で、そのガントレットマッチですが、なんだか売れ残り処分祭みたいな様相を呈していて、当然、TheBar(シェイマス&セザーロ)は、います。

詳細は、以下のようでした。

① カールアンダーソン&ドック(ルーク)ギャローズ(辞める疑惑アリ

② ルセフ&ナカムラ

③ ザ・バー(セザーロ&シェイマス)

④ ジ・ウーソーズ

⑤ ダニエルブライアン&エリックローワン

→ 結果:ゼイビアとビッグEが全勝し、コフィのレッスルマニア35でのWWE王座戦が決定しました(VS. ニューダニエルブライアン)。

ようく見るとすっごい豪華なんですけどね。

やっぱり目が行くのは②ですわな。


・通過点として登場。


やられ役。

ただ、プロレスメディアで一番この手の話(賞味期限切れ)で出て来るのはSAnitYです。

それを置いても、ナカムラシンスケは、やっぱり今日もパッとしませんでした。

みんながマンネリマンネリ言うから、本当にそんな風に見えて来ました。

ビギー(BigEのこと)にキンシャサ外して、なんか合体技くらって負けました(上掲画像)。

・・・本人、どう思っているんですかね、現状。

いや、Twitterとかで全然アクションしないから。

もっとほかの選手のツイートにちょっかい出せばいいのにね。

ウィルオスプレイとか、オマエなんでこんなところにいるんだ、みたいな感じなところにも登場しますからね。

そんな感じです。

ナカムラシンスケは今年のレッスルマニアは、なんとかランブル送りに出れれば御の字だと思います。

ざんねんです・・・。

すっかりジョバーが板について来てしまっている。

ルセフとのタッグだから、気づかれないで済んでいるような感じです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m