里村明衣子選手の第3回戦(2018年MaeYoungClassic)。

(「われながら渋い仕事していると思う」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。今回は、(2018年)10月17日放送分のメイヤングクラシック(MaeYoungClassic)について記事を書かせて頂きたいと思います。

本放送回(2018/10/07)は以下の通り、全部面白い試合でした。

第1試合が、今回記事にする里村明衣子(Meiko Satomura)選手の試合。

第2試合が、紫雷イオ選手の試合。

第3試合が、リアリプリー (Rhea Ripley)の試合。

第4試合が、トニーストームの試合。

ちなみに里村明衣子フリークの方には、

① 里村明衣子選手の第2回戦

② 里村明衣子選手の初戦

③ 里村明衣子選手の場合

と多数記事を用意しております。

ぜひご覧になってくださいませませ。(←ふるい)

(以下、画像出典はWWEです。)


・Quarter-final(準々決勝)。


レジェンダリー(伝説の)

メイコ・サトムラ。

里村選手の第3回戦の対戦相手、レイシーレーン(Lacey Lane)・・・ですが、レイシ―エバンスは聞いてますが、レーンは聞いたことがない・・・という、そういう選手です。

ちゃちゃっと里村センセーに片づけてもらいましょうかね・・・。

関係ないですけど、試合前のインタビュー(収録)で、

私は去年のメイヤングトーナメント(←ここら辺が里村女史らしい)出たかったんですけれども、出れなかった。

それで、とても悔しい思いをしました。

なんて、里村選手は語っていました。

へー、世界のサトムラでも、そんなこと考えてたんだ・・・と思いました。

もっと達観していると思ってたんですが。

ガッツウーマンなんですね。

すばらしい。(←はやく試合の記事書け)


・勝った。


Death Valley Driver!!

試合はですね・・・やはり、里村師範、というか里村女史、というか世界のサトムラ、というか・・・なんですよ。

なんの気なしに、事前情報なく見たとしても、出て来た瞬間「あ、このひとは偉くて有名な選手なんだな」と直感的に分かる、そんな雰囲気を里村明衣子選手が持っているんですよ。

これは動画を見てもらわなければ分からない、としか言いようがありません。

で、レイシーレーンは、ちょっと相手としては不足で、とにかく里村選手でした。

最後はデスバレードライバーで里村選手が、レイシーレーンにフォール勝ちしています(上掲画像)。

里村選手、もう雰囲気が素晴らしい。

外人が日本人に求めているものを全部持っている感じ。

たぶん、ご本人に会ったら、背筋が伸びると思います。

リスペクトだね、里村選手は。

いや~、すごい。

そんな試合でした。

次回は準決勝!

残念ながらトニーストームに負けてしまうのですが(この記事参照)、里村選手のメイヤングクラシック、しっかり見届けましょう!

青春だ、青春。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m