里村明衣子選手の初戦(2018年MaeYoungClassic)。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。(2018年)8月8日、9日、メイヤングクラシック(Mae Young Classic)収録が、NXT収録場所として有名なフルセイル大学で行われました。

以前の連載でお知らせした通り、準決勝までの結果は既に出ているのですけれども、放送はまだ行われていません。

そんな中、(2018年)9月5日、WWEネットワーク(WWE所有のインターネット配信サイト)で遂に放送が開始されました。

今回は、里村明衣子(Meiko Satomura)選手の1回戦、対キラーケリー(Killer Kelly)戦をお伝えしたいと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)

なぜかフナキ氏と尊師デリンジャーが観客。

尊師はケガしたんだっけ?


・キラーケリー(Killer Kelly)選手入場!


ストライカータイプ。

けっこう強そう。

ポルトガル出身で初のWWE女子選手となったキラーケリー選手。

あのリアリプリー (Rhea Ripley)が優勝した英国王座女子トーナメントには出場していませんでした。

でも強そう。

wXw Academy(Westside Xtreme Wrestling)というドイツの(!)プロレス団体で活躍していた選手みたいです。

だからドイツ語でインタビューを受けています(出典はWF=WrestlingFever)。

インタビュアー:自分のレスリングスタイルのお手本になった人だとか、好きなレスラーはいる?

ケリー:何はともあれ、ロウキーや柴田勝頼ね。大きくなってからは、ゲイルキムやアスカ、シャーロット、トニーストームかしら。

WF: Hast Du Vorbilder die eventuell Deinen Style beeinflussen, eine Lieblingswrestlerin vielleicht?

Kelly: Definitiv Low Ki und Shibata. Als ich aufgewachsen bin[,] war mein Favorit Gail Kim, aber heutzutage bewundere ich Asuka, Charlotte und Toni Storm.

へー、やはりというか、柴田選手は外国で知名度高いんですね・・・。

ちなみに、訳は、GoogleTranslate、プラス、音楽担当のみゅじ子さんのお世話になりました。


・里村明衣子選手、入場!


リスペクトが集まる!!

というわけで里中明衣子選手入場です。

外見は、日本人レスラー紹介時にありがちな和風な感じですけれども、入場曲自体は普通のロックでした。これが普段つかっている入場曲なのかな?

とにかく「レジェンド」「リスペクト」の言葉が、解説者からやたら飛び出します。

「女子ストロングスタイル(JyoshiStrongStyle)」と呼ばれていました。


・どんな試合だったか?


デスバレードライバー!!

(Death Valley Driver)

今回の放送、1時間枠で4試合という非常に中身の濃いものだったのですけれども、1試合1試合は皆、10分を割る試合時間で、とりあえずは選手全員を見てほしい、というのがWWEの考えだったようです。

さて、里村明衣子選手ですが、何も言わないで見ると、少年が戦っているような感じです。

ファイトスタイルは非常にアスカ選手に似てますね。

レベルは非常に高い試合でした。

最後は、デスバレードライバー(上掲画像)で里村明衣子選手が勝利しています。

今回の試合を見て、アスカ選手との被り具合を考えると、里村選手がWWEに移籍することはないと感じました。

たぶん、里村選手も、地に足をつけるタイプと見受けられますので、そこまで(WWE移籍)は考えてないのではないでしょうか。

とりあえずは、紫雷イオ選手の活躍を見てから・・・でしょうね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m