コーディ vs. ミズ(2022/4/11 RAW)

ミズは役者だね。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

先週↓コーディのお披露目でした。

参考:コーディのマイク(2022/4/4 RAW)

雰囲気から行くと、RAW所属になりそうですね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・MIZ TV


今回、コーディは、ミズTV(ザ・ミズのトークセグメント)に出て・・・

同日の対ミズ戦のアングルを突貫工事で仕上げました。

まだ、コーディの鮮度は落ちていないですね。

WWEに映るたびにAEWファン(というかAEWスタッフ)の癪に障るのは確かだとおもいます。

こんな話↓しました。

コーディが観客の声援を独り占めする。

ミズ「・・・・」

コーディが、ずっとミズを放り出して、観客と交流している。

ミズ時計を気にする素振り。

ミズ「あ~・・・いいかい?終ったかい?」

さらにコーディが観客に応える。

ミズ「いいから、座ってよ。」

ミズ「ようこそ、ミズTVに。」

ミズ「ローズ(ローデス)家は、この業界で、なんでもできるんだな。」

ミズ「でもな。キミは親の名前なければ、今頃、配管工(plumber)でもやってた男だ。」

観客「ぶー!ぶー!!」

ミズ「レッスルマニアも、ほとんど不意打ちじゃねーか。」

ミズ「なのにSNSでは、”コーディ”、”コーディ”・・・・・・バカじゃね~の?」

観客「ぶー!ぶー!!」

コーディ「あいかわらずだな。マイク男。」

コーディ「おれは、この数年、必要なことをして成長を遂げたつもりだ。」

コーディ「そして、おれは、この団体で頂点を目指す!」

ミズ「ああ、いつも入場のとき、花道で子供にあげているベルトのおもちゃ目指すんだろ?」

ミズ「はっきり言うがな、出戻りのオマエの相手なんか今日、したくねーんだよ!」

観客「ぶー!ぶー!!」

ミズ「うるせえ!」

・・・と↑ここまで険悪な内容を、ショー仕立てに作り上げられるのはミズの力量ですね。


・コーディが勝った


コーディカッター!
(ロープ中断で弾みをつけての、
ウラRKOというか、コジコジカッターというか、
そんな技)

ミズTVの後、すこし試合を挟んで、ミズ vs. コーディでした。

ミズは、ブーイング。まあ、これは元から、単体では弱い(集客的に)レスラーだから、仕方がない。

コーディは、まだ大歓声で、WWEのほうも入場ハイプしていましたね。

試合は、いい出来でした。

ミズが四の字→コーディが返して逆四の字・・・みたいな攻防が興味ぶかかったです。

最後は、コーディカッター(上掲画像)→クロスローズで、スリーカウント。

コーディの勝ち。

11分くらい。

職人芸みたいな試合でした。

試合後、アナウンサー席で観戦していたセスロリンズがリングに上がり・・・

コーディとの再戦を要求しました。

WresleManiaBackLash(2022/5/8)で2人は再戦するみたいです。

WresleManiaBackLashは他に、シャーロット vs. ロンダラウジーの再戦が計画されています。

メインは、エッジとAJスタイルズの抗争になりそうな雰囲気だけど・・・

ロマンレインズもなにかやるんでしょうね。

次の抗争相手はドリューマッキンタイアと言われているんですが・・・。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m