紫雷イオはベビーに(2021/10/5 NXT 2.o)

もうなにがなんだか、
わからない・・・
というのが正直なところでしょうが、
現NXTトップがトマソチャンパです。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

NXT2.oは、TV特番のHalloween Havoc(ハロウィーンヘイボック)、今年もやるみたいです。

2021/10/26の通常NXTの放送回のようですね。

チャンピオンは、この回からトマソチャンパで・・・

・・・・おそらく元チャンピオンのサモアジョーは、AEWとWWEのあいだで揺れ動いているとおもいます。

トマソチャンパの対戦相手みればわかるとおり、だれかわからないですよね。

こんな風に、どんどん見たことないヤツ登場させるのが、NXT2.oの戦略になってます。

(以下、画像出典はNXTです。)


・紫雷イオはベビーフェイスに


ベルトをまわしのように着こなすイオ師範。
向かって右から、
インディハートウェル(Indi Hartwell)
ペルシアぺロッタ(Persia Perotta)
ラケルゴンザレス
ゾイスターク
そしてみんなのイオ師範。

今回のNXT2.oで、ラケルゴンザレスがマイクパフォーマンス中に、ToxicAttractionの3人に囲まれる、というシーンがありました。

それを救出にきたのが、紫雷イオ&ゾイスタークのツンデレ(イオさんの一方的な)コンビでした。

これでわかったのが、紫雷イオは、現在ベビーだということ。

一度ヒールターンしたことを思いだすなら、じつにひっそりとベビー(リ)ターンしましたね。

ただ、WWEで、ベビー, ヒールってのは解説上禁句、NGワードなんですよね(この記事)。

WWEのNGワードにはまだつづきがあって・・・

Blood,

choke,

belt,

strap,

diva,

head shot,

trauma,

kayfabe,

Mofos,

house show,

DQ,

The Anti-Diva,

spinal injuries,

victim,

violence,

violent,

wrestling,

wrestlers,

WWF,

wifebeater,

curb stomp,

push

being over,

babyface,

heel,

job,

jobber,

card,

strangle,

kill,

murder.

だそうです(参考:Rumor Roundup (Sept. 14, 2021): WWE banned words, Samoa Joe, NXT contracts, more!)。


・The Wayは自然解散か


この前のドラフトでオースティンセオリーが昇格し、ジョニーガルガノのユニットTheWay, どうなるんだ、って話になりました。

うえのイオさんたちの会合(バックステージ)で明らかにされていることですが・・・

TheWayの一員であるインディハートウェルが・・・

インディハートウェル「ジョニーガルガノとキャンディスレラエ、どっか行っちゃったんで、わたしら、なにすればいいか、わかんないんだよね!」

みたいに言ってます。

ようするにキャンディスレラエが妊娠して、いったんジョニーガルガノと共に収録から離れる、ということを言っているのです↓

参考:WWE NXT’S JOHNNY GARGANO & CANDICE LERAE EXPECTING BABY BOY

これによりTheWayも自然解散・・・ということが判明しました。

とりあえず、今回はこんな感じです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m