ヒデオ選手はヒールか!!(2018/6/5 205Live)

(「ヒールを堪能」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。紆余曲折あって、ヒデオ選手がシングル戦線に復帰しましたね!!

早速、どんな感じだったのか見てみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・超好試合だったバディマーフィ vs. ムスタファアリ。


このあとアリは、

垂直に交わるロープに

落とされる!!

今回、ヒデオ選手は、メインイベントのバディマーフィ vs. ムスタファアリに、介入する形で登場しました(無効試合で引き分けだと思うのだが・・・)。

ただ私、素でこの試合見入っていたので、ヒデオ氏、はっきり言って邪魔でした。

先週から完全に実力を開花させているバディマーフィに、以前から人気実力ともに上昇中のムスタファアリ

はっきり言ってヒデオ選手なんか登場しなくても、全然面白かったわけです。

会場も、試合の素晴らしさに魅了されて「レッツゴーアーリ!!」とか「ディスイズおうさむ!!」とか「ホーリーシット!!」とか叫びまくってたんで、この試合の結末をしっかり見たかったんだと思います。

危険な技も連発で、上掲画像みたいな、見たことないような危険な落とし技(アリはロープにブチ当てられてもんどりうつ)、下の画像のような天才的なDDTもあったりして、すんばらしい試合だったんです。

よくわからないと思いますけど、

コーナーポストから、

場外に向けてダイブして、

そこからスイング式DDTを、

アリはします。

すげーーー・・・!!


・ここで出るんか!!


最後054(オーファイブフォー)

をアリがしようとするところに

邪魔度100%

ヒデオ氏介入!!

いらん!!

ひさしぶりのヒデオ選手シングル戦線復帰のセグメントだったんですが、バディマーフィ vs. ムスタファアリの試合が素晴らし過ぎたために、ヒデオ選手の介入登場(上掲画像)は、本当にウザかったです。

会場も、引いてました。

ブーブーも出ないくらい不満でした。

結局、このセグメントでヒデオ選手がヒールになるということだけは分かった気がします。

なるほど、よく考えたら決定的なヒールいませんもんね、205Live。

となると誰とユニット作るのかな、ヒデオ選手。

グラックは今回、ケンドリック&ギャラハーとつるむの決めたみたいだし、トニーニースはバディマーフィとつるむの決めたみたいだし・・・。(←読者ついて来てねーぞ)

TJPかな。

TJPも、ちょっと反体制派なことしてたんですよ、今回(下記画像)。

ジョバーをマイクしながら倒すTJP。

これ結構、新鮮で良かった。

とりあえず、来週からヒデオ選手の動向が注目されますね。

ただ、バディマーフィ vs. ムスタファアリに対する介入は、素で邪魔でした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m