ALL IN②:いちごのオカダさんは続くのか?

(出典:ALL IN)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間(2018年)9月1日、イリノイ州シカゴのシアーズセンターアリーナ(The Sears Center Arena)で、WWEを自主退団したコーディ(Cody)主催の大イベントALL INが遂に開催されました。

前回、ケニーオメガ選手の試合をお伝えしました。今回は、いちごになった、なったと評判のオカダカズチカ選手の試合を見てみたいと思います。

(以下、画像出典はALL INです。)


・対戦相手マーティスカル入場!


フォ!フォ!!

一応バレット倶楽部の選手中心で構成されている大会のため、マーティスカル(Marty Scurll)選手の入場です。

ジュニア・・・ですよね(身長175cm、体重83kg)。

オカダカズチカ選手と試合になるのだろうか・・・?


・で、問題のオカダさんですが・・・。


レインメーカー+いちご!!

日本ではばっちり壊れたオカダ選手ですが、さすがに「海外にはその壊れっぷりは浸透していないだろう」ということで・・・・

PWI 500で1位に輝いたころのレインメーカーのカネの雨とともに、しかし入場曲は現在進行形のあの変なヤツ・・・という何ともよく分からない入場の仕方をしてくれました。

でも、今のオカダ選手、かなり好きなんですよね。

あ、ゲイ的な話じゃないですよ。


・オカダさんはどんな感じだった?


向かい合うとこんな感じ。

会場はオカダ!!コール出てましたね。

たぶん、外道選手とも決別して、これから1人でやってくぜ!!というのが今のオカダ選手の気概なんでしょう。

おまけにIWGP無しでも十分じぶんの価値を高めて行ける、という確信を持っているのではないでしょうか。


・どんな試合だった?


オカダさんをパイルドライバーで

持ち上げようとするが、

腰を痛めるスカル氏。

ちょーーっと「マーティスカルには荷が重い試合だったか・・・」という感じでした。

ジュニアvs.ヘビーの対立構図を鮮明にするために、マーティスカルが試合の所々で上掲画像のような「オレには無理っす」みたいな動きするんですよ。

でもなんかそれが、WWE的な不真面目さを醸し出していて、試合の緊迫感を損ねていました。


・でも最後の5分は大盛り上がり。


レインメーカー!!!

実は本試合が今回のALL IN最長の試合で、26分5秒でした。

これから見ようとしている方がいたら、最初の5分と最後の5分だけで十分だとだけお伝えしておきます。

決して悪い試合ではなかったです。

ただ、常識的に考えて、オカダ選手がマーティスカルに苦戦する・・・というのは考えられないので、もうすこしヒネリがほしかったです。

それこそ、バレット倶楽部の誰かが介入するべきだったでしょうね。

べつに試合終わったケニーでも良かったと思います。ちょっと出て来て、オカダさんに「もう一度IWGP挑戦させてやる!!」みたいなこと言えば、それだけで大盛り上がりだったのになあ・・・。

話はずれますが、オカダ選手とスカル選手は仲良いのかな?

よく一緒に練習するのかな?

そんな雰囲気も垣間見られました。

それはそれで、味があってよかったです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m