ヒデオ選手負けた・・・。

(「うわさのツーブロック」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。ロイヤルランブルでの日本人大活躍のあおりを受け、肝心のヒデオイタミ(Hideo Itami)選手がクルーザーウェイトトーナメント1回戦で負けてしまいました。「アスカ&ナカムラ活躍し過ぎ」のとばっちりを受けたかのようです。きっとWWEも半日感情、トヨタバッシングに配慮しているのでしょう(←なに言っているかわかんねーよ)。


・元気にマイクしていたのだが・・・。


(「セリフも浮かんでます」

出典:WWE)

今回も元気に録画マイクやっていたんですけどね・・・。

軽く1回戦も突破してくれると思っていました。

実に意外です。

で、肝心のマイクですけど、こんなことを言ってました。

〇×△・・・(←フライングでしゃべっている)。

グレートクルーザーウェイト・・・。

ワン、オブ、ザ、ベスト、インザワールド(←たぶんロデリックストロングのことを言っている)。

でも、これは、オレのトーナメントだ。

205Liveは、オレのホームだ。

ロデリックストロングは、部外者だ・・・。

オレが、レッスルマニアに行く!!

ちょっとナヨナヨって感じでマイクするんですけど、それがいいヒトっぽくてナイスです。

・・・ヒデオ氏いま、ベビーでいいんですよね?


・ロデリックストロング選手。


(「レッスルマニアを賭けて戦う!」

出典:WWE)

対戦相手は、同じNXT出身のロデリックストロング(Roderick Strong)選手でした。

いい選手。

ちょうど、ノアのジュニアに、新日のジュニアが参戦した時のような重厚感が生まれます。

ほら、新日ジュニアの選手たちって、他のジュニアと比べて、全然体格が違うじゃないですか。

ああいう雰囲気を、ロデリックストロング選手は出してくれるのです。

ちょっとセクハラ議員みたいな風貌しているのが、タマにキズなんですけれども・・・。


・ケンドリック選手の件が尾を引いているかも・・・。


(「アンタ、またヒデヒデカッターすんの?」

出典:WWE)

試合としては、いつものジャックギャラハー選手相手より、ずっとヒデオ選手らしい、重厚感のある試合ができていました。

けどいかんせん、観客がまばらな205Liveなので、雰囲気的にはイマイチ盛り上がりにかけてしまいます。

ただ、いずれにせよ、今回のトーナメントは、どう見てもヒデオ選手優勝が鉄板だと思っていたので、1回戦敗退は意外も意外、超がっかりです。

ひとつ原因があるとすれば、やっぱりケンドリック選手の件が尾を引いている感じがしました。(この記事で解説しています。)

というのも最後、ヒデオ選手の見せ場で「お、これはGTS(Go To Sleep)来るか!?」と思わせる場面があったんですよ。

なのにこの期に及んで、またあのダイアモンドカッターもどきみたいのやろうとしてました。(詳しくは、この記事この記事をご覧になってください。)

こりゃ重症やね・・・。

力石のショックで立ち上がれない矢吹ジョ(もういいよ)。


・というわけで、ストロング選手の勝利!!


(ヒデオ「ぐふっ・・・!!」

出典:WWE―以下同じ)

そんなわけで試合は、ロデリックストロング選手が「エンドオブハートエイク End of Heartache(ブレンバスターと見せかけて膝を相手の背中に叩き込む)」を、ヒデオ氏に叩き込んで勝利しました。

う~~~~~~~~ん、納得いかないですね。

このトーナメントは、ヒデオ氏用じゃなかったのか?

各メディアで、これからどんどんウワサ話が広がるでしょうね。

ぜったい「ヒデオは間もなく解雇」とか言うヤツ出て来そう。(パワーハウスネイションのあのにーちゃんなんて言うかな・・。)

そんな情報、こちらとしても、できるかぎりチェックして行こうと思います。

あーあ、もうトーナメント、興味なくなっちゃったよ・・・。

つまんねーの。

・・・・・

あ、このひと居たか・・・。

さりげなく元チャンプです。

おススメ記事。

おススメ記事です↓↓↓