トニーストームのタイトルマッチ(2021/12/24 SmackDown)

Publiclyの言い方。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

紫雷イオがデビューしたMaeYoungClassicから随分時間が経ちましたが、そのライバルだったトニーストームは、結構遠くまで来ました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ポールヘイマン


その前に、先週遂に解雇されたポールヘイマンの話から始めましょう。

実際、今回のSmackDownは彼のインタビューから始まりました。

こんなこと↓言いました。

カイラブラクストン「ヘイマン・・・ついに解雇されたわね。みんなの前で(Publicly)。

ポールヘイマン「・・・はい。お恥ずかしいことに、みんなの前で(Publicly)。

カイラブラクストン「これからどうするの?みんなに教えて(Publicly)。

ポールヘイマン「・・・はい。みんながみていたとおり(Publicly)、私は真摯に上司のロマンレインズをブロックレスナーから守ってきました。」

ポールヘイマン「しかし、みんながみるかぎり(Publicly)、私のキャリアは、ここで終った、ということになるのではないでしょうか・・・」

・・・これで、ヘイマンの登場はなくなるとはおもいませんが・・・

たぶん、ニヤニヤしながらブロックレスナーのAdovocate(代理人)として復活するとおもいます。まもなく。


・負けた


負けた。

・・・で、トニーストームです。

登場当初は、なにさせられんのか全然わからなかったですけど・・・

あれよ、あれよ、という間にWWE女子部門の心臓シャーロットに噛みつくようになり(古典的なパイ投げなどで絡むようになった)・・・

今回、女子王座のチャンスまで摑みました。

・・・でも、好敵手(ライバル)という感じではなかったですね。

文字どおり、横綱相撲で、シャーロットがトニーストームを下しました。

最後は、丸め込み合戦みたいな渋い結末でしたね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m