ナカムラシンスケなしのセグメント(2020/2/14 SmackDown)

(「でも/だから?もりあがる」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回、SmackDownはカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバー(ちなみにカナダの首都はトロント)の・・・Rogers Arenaというキャパ2万人ほどのところから放送されたようですが・・・

・・・ほとんどチケット売り切れだったみたいです。

これはようするに、WWEの通常PPVとおなじくらいの成功をおさめた興行、ということです。

参考:DAILY UPDATE: AEW TICKETS, AAA/MLW, TED DIBIASE

カナダっ子は、アメリカのエンターテインメントに飢えているんですかね?

(以下、画像出典はWWEです。)


・アライアス(イライアス)


Twitterのトレンドも
世界1位になったみたいです。

・・・で、そんな大成功の放送回だったんですが・・・

ナカムラシンスケの登場はありませんでした。

あったのは、アライアス(イライアス)vs.サミゼイン&セザーロの音楽対決です。

こんな話でした。

サミゼイン「おれたちは、先週のナカムラシンスケ王座陥落に、はげしく抗議する!!」

サミゼイン(ウクレレ)とセザーロ(Cowbell=なんかのベル)が、わざと下手くそに演奏する。

お客さん「やめろー!へたくそー!!」

・・・ええとですね・・・これ、サミゼインとセザーロは、与えられた役目を100パーセントこなしている、と理解してください。

そこにアライアス(イライアス)が出て来て、おれのギターの方が上手だよ、おれの歌を聞け、みたいなことを言います(上掲画像)。

観客も、アライアス(イライアス)に任せろ!みたいなことを合唱します。

これだけリアクションが得られた、という点で、このセグメントは大成功でした。


・ストローマンが出てくる。


リング上で、
アライアス(イライアス)を
制裁しようとしていた、
サミゼイン&セザーロを、
ストローマンが蹴散らす!!!

・・・で、逆ギレしたサミゼイン&セザーロが、アライアス(イライアス)に襲いかかります。

そこにブラウンストローマンのチタントロンが鳴って、ストローマンが救出に登場!!

めでたし、めでたし・・・というセグメントでした。

・・・・・

さて、シングル王者としてのストローマンは、これからどう動くんですかね。

ナカムラシンスケとの再戦をしてほしいのですが・・・

・・・正直、なんか・・・で、どうするんだ、という感じです。

肝心のAJスタイルズ(唯一ナカムラシンスケを輝かせることができる)は、SuperShowDownのガントレットマッチから復活で、レッスルマニアは、アンダーテイカーとするみたいです。

参考:THE UNDERTAKER VS. AJ STYLES PLANNED FOR WWE WRESTLEMANIA 36

いや、なんでもかんでも人気者くっつけりゃいいってもんじゃないだろ。

あと、再来週、ジョンシナがSmackDown登場、みたいですね。

ジョンシナは、レッスルマニアで、なんかやるけど、極秘みたいです。

参考:Rumor Roundup (Feb. 15, 2020): John Cena, Raw return, Matt Hardy plans, Cathy Kelley, more!

映画スターだから、試合やりにくいんでしょうね。

怪我して撮影できなくなったら賠償請求の世界ですもんね。

ちょうどロックが引退したのと同じフォーミュラにはまっているのがジョンシナです。

でも、あんなゴリマッチョが売れるのは、アメリカならではですね。

日本だと、棚橋弘至が今頃、映画スターになって、ウシジマくんあたりでバリバリ活躍している・・・みたいな話なんでしょう。

何役か知らんけど。(←おい)

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m