【追記アリ】紫雷イオとゾイスタークのタッグ(2021/6/22 NXT)

日本のみなさんは、
紫雷イオがみたいとおもうので・・・。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

今回のNXTは、Hell In A Cellより興味深かったかなあ・・・。

そのくらい情報満載です。

トニーストームのバイセクシャル公表とジュースロビンソンSNSの謎

よかったら、どうぞ↑

もしかしたら大問題に発展するかもしれません。

もしかしたら私のただの勘違いかもしれません。


・ゾイスタークと組んでアリーヤ&カメーア組と対戦


見物に来た
キャンディスレラエ&インディハートウェル組

あっち行け!

小学生並みの絡みをみせるイオ師範。

今回、紫雷イオは復帰初戦となりますね・・・先週からの流れで、ゾイスタークと組んで、ロバートストーンブランド(アリーヤ&カメーア)と対戦しました。

ちなみに、これはダークでやったタッグ戦で、サリーを紫雷イオに置き換えたかたちになってます。

参考:サリーのダークマッチ(2021/6/13 NXT TakeOver: In Your House)

どうやら、WWEは大きめの女子タッグ戦構想を練っているみたいですね。

ここにさらに・・・

ラケルゴンザレス&ダコタカイ

ショツイブラックハート&エンバームーン

・・・が加わるんだとおもいます。


・勝った(紫雷イオ組が)


ムーンサルト!
相変わらず膝が心配!
コスチュームの下に、
クッションみたいの詰めまくっているのかな?

試合は最後、紫雷イオがムーンサルトで、カメーアからスリーカウントを奪いました(上掲画像)。

紫雷イオは、NXTで出演すると、必ずムーンサルトするんですよ。

試合でもそうだし、場外へのムーンサルトもしょっちゅうやりますし。

ハイフライヤーなので、仕方がないですが、いかにも選手生命短そうなことやっているので、そこが心配ですね。

いずれにせよ、復帰戦は順調にこなしていました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


追記:もう決まったのね・・・


これで、
タッグ王座挑戦権かけて
やるみたい。
ちなみに現タッグ王者は、
キャンディスレラエ&インディハートウェル。

うえでちょっと触れたタッグ戦抗争の構想(←ウマいこというね)

もう決まったみたいですね(上掲画像)。

サリーと紫雷イオは、しばらく絡みナシなのかな・・・?