KUSHIDA vs. カメロヘイズ(2021/6/1 NXT)

まだ
タイムスプリッター
ギミック
やってるんですね。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

クルーザーウェイト王座奪取してから、ようやくWWEでの居場所をみつけた、という感じのKUSHIDAです。

なので、精神的にも、余裕が出てきている、とおもいます。

・・・ただ、まだ一度も太いストーリーラインもらってないんですけどね。

あとマイク一度もしていない。

ただ、技術的に高い選手が日本から来たようだ・・・でアメリカでは済まされているとおもいます。

なんか、もっと、やるべきでしょう。

ありがちなんですが、相方みつけるしかないでしょうね。ジョニーガルガノが付いてくれれば最高なんですけどね・・・。


・カメロヘイズ


メキシコ系の動きする
若武者って感じの選手。

今回、KUSHIDAはオープンチャレンジをして・・・

相手として、カメロヘイズ(Camelo Hayes)という選手と対戦しました。

デビュー戦だったみたいですね。

参考:CARMELO HAYES MAKES NXT DEBUT, ANSWERS KUSHIDA’S OPEN CHALLENGE

ちょっと飛んだり跳ねたり系の選手で、好き嫌いがわかれるとおもいますが、身体能力は、やはり高いです。

試合は、お互いにいいところを引きだしあい、最後は、KISHIDAがサクラバロックで仕留めました。

可もなく不可もなく・・・という試合でした。


・エルザジャッジ


すっごく期待されていた選手だったみたいです。

カメロヘイズのお披露目みながら、ぼんやり、エルザジャッジ(Ezra Judge)のニュースを思いだしました。

知りませんよね。

私も知らないです。

エルザジャッジは、最近の大量解雇の被害者だったんですけど・・・

・・・なんかパフォーマンスセンター(WWEの練習施設)のなかでもズバ抜けていい選手だったみたいです。

なので、こんな有望株を解雇するなんてどうしたんだ?とメディア間で騒いでました。

・・・ただ、それだけなんですけど。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


・おまけ


懲りずにマイナー記事です。

よかったら、どうぞ↓

カイルオライリーvs.ピートダンvs.ジョニーガルガノ(2021/6/1 NXT)