KUSHIDA vs. トニーニース(2020/4/15 NXT)

(「It is KUSHIDA
だそうです。
なんでそうかは、わかりません。」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今週、Wednesdays Night Warsでは、NXTが負けたのですが、私としてはNXTの方が、面白そうなのでAEWスキップしました。

関係ないですが、ケニーオメガ、DDTの(年間最大)イベントで、来日する予定だったんですね。でもキャンセルになったんですね。

参考:DDT CANCELS WRESTLE PETER PAN EVENT

選手としての価値落としたな~~・・・オメガ・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・対トニーニース


フルセイル大学だと、
パフォーマンスセンターより、
ガラガラが気になりません。

今回、暫定クルーザーウェイト王者決定戦で、KUSHIDAは初戦(総当たり戦ですが)、トニーニースと戦いました。

結構、WWEは、この王者決定戦、力入れていて、イメージ的には、クルーザーウェイトの宣伝を、もう一度(何度目か忘れるくらいなんですけれども)、やりなおしてやる!くらいの勢いでやっています。

トップ画像みたいに、各選手の紹介も、バッチリあります。

KUSHIDAは、全部、日本語で自己紹介していました。

なんて言ってたっけな・・・

KUSHIDA「KUSHIDAです!まだ自分はクルーザーウェイト、名が知れていないんで、これから暴れまわって、低迷する(とはさすがに言わなかったが)クルーザーウェイト(というか205Live)を蘇生してみせます!」

・・・みたいなこと言ってました。

アナウンサー陣も、KUSHIDAは優勝候補だよね~みたいなこといってました。


・勝った(KUSHIDAが)


サクラバロック!!

試合は、トニーニースが、すんばらしい選手なので(投げてよし、飛んでよし)・・・

・・・飽きない試合でした。

終始、KUSHIDAが押されていたのですけれども、最後は、逆転のサクラバロックで、トニーニースからギブアップ勝ちをおさめています(上掲画像)。

このKUSHIDAのギブアップ勝ち主体なのは(たぶん90%超えているとおもう)、表立って言われてませんが、ギミックなんでしょう。

新日本時代、KUSHIDAって、やっぱり、こんな勝ち方してたんでしょうか。

ごめんなさい、あんまり注目していなかったので・・・・

ちなみに、この試合でトニーニースは、前腕部負傷したみたいです。

参考:WWE Announces Injuries To Keith Lee And Tony Nese

王座決定戦は、怪我したまま参加し続けるみたい。

さて、KUSHIDAが優勝できるか、しばらく見守っていましょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m