ASUKAのトリプルスレット(2021/5/16 BackLash)

ビジュアル系バンドって、
こういうみせかた
好きですよね。

こんばんは、ヤマガタです。

今年のBackLashは、WrestleManiaBackLashという名前でした。

でも開催場所は、いつものサンダードームでした。

ASUKAは、リアリプリー、シャーロットと共に、トリプルスレットマッチに臨みました。

一応、レッスルマニアで王座陥落というアングルがASUKA自身にはあったんですが・・・

今回、ASUKAが王座に返り咲く、と予想したひとはいなかったでしょうね・・・

(以下、画像出典はWWEです。)


・リアリプリーが王座保持


リプタイド
→フォールで、
リアリプリーが王座保持。

日本の皆さんは、くやしいでしょうけれども、本試合は、リアリプリーとシャーロットの抗争を浮かび上がらせるための通過点でした。

なので、生贄がASUKAなのは予想できたことでした。

試合は、結構長く感じたんですけど、実際は15分ほどで、最後はリプタイドで、リアリプリーが勝利しました(上掲画像)。

ASUKAも結構、試合を支配していたんですけどね・・・


・いつものシャーロット


はっきりと、
リアリプリーとシャーロットの抗争が、
試合後、打ち出される。

アンドラーデの彼女だろうが、なんだろうが、WWEの特権階級(男子のロマンレインズみたいなもの)にあるのが、シャーロットです。

なにはともあれ、シャーロット。

リアリプリーを引きたてるのにもシャーロット。

・・・というわけで、試合後、シャーロットとリアリプリーの抗争が暗示されました(上掲画像)。

心配なのは、今後のASUKAですね。

タミーナと、ナタリアが、新タッグ王者になったんですよね・・・。

参考:NATALYA & TAMINA WIN WWE WOMEN’S TAG TEAM TITLES

なので、年齢をいったら失礼ですが、ASUKAは、そちらの方(タッグ部門)に回されるんじゃないかな・・・。

個人的には、ASUKAのタッグパートナーは、シェイナバズラーがいいとおもう。

ナイアジャックスは、貴重なので、シングルプレーヤーに戻るべきだろう。

やっぱり女子で、唯一、プロレス見てる!って気にさせるの、ナイアジャックスだけなんですよね。

もっと難攻不落の絶対王者にしていいとおもう。

とりあえず、ASUKAの身の振り方、見てゆきましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m