Riselink FX 事件によせて

(「FX会社は何でもよい、というワケではない」
出典:MBS NEWS

こんばんは、品川です。

FX業者のみならず、口座開設→数万円入金で、キャッシュバックをする会社は、かなり多く、なかには、どこだこれ?みたいな所も多いです。

また、多くのトレーダーは複数会社に口座開設しているでしょうから・・・ようするに危機管理が脆弱と言えるのではないでしょうか。

普段からぼんやり考えていることなのですが(↑)、今回Riselink FX事件で、明確なかたちを取ったとおもうので、ここでまとめておくとともに、私自身の危機管理についても触れておきたいとおもいます。


・Riselink FX事件


本事件にかんしてはトップ画像先のニュースが簡潔にまとめてくれています。

架空の投資話を持ち掛けて現金をだまし取ったとして、警察が東京の28歳の男を逮捕しました。

男はFXトレーダーを名乗る詐欺グループの首謀者とみられています。  東京・港区の米元志郎容疑者(28)は、去年4月~5月にかけて岐阜県の30代男性に「FXの自動売買システムのモニターに当選した。必ずもうかる」などと嘘の電話をかけ、約130万円をだまし取った詐欺の疑いがもたれていて、2月23日に送検されました。

警察によりますと、米元容疑者は去年10月に逮捕された自称FXトレーダーの庭瀬翔太被告(28)らの詐欺グループの中で、ホームページを管理したりだまし取った金の取り分を決めたりするなど事件の首謀者とみられるということです。

グループの銀行口座には4億7000万円以上の入金が確認されていて、警察が実態解明を進めています。

比較的若い、ネットに詳しそうな輩によって犯罪が行われた、というのも興味深いところです。

Riselink FXのホームページは↓現在でも残っています。

参考:https://riselink-forex.com

英語のホームページで、完全に海外の業者で、日本人スタッフがコンタクトしているようにみせかけていたのでしょう。


1.楽天FX


ここは大丈夫でしょう。

今回の件で、私自身の危機管理はどうかな・・・とおもい、枚挙してみることにしました。

ひとつめは、楽天FXです。

ただ私、ここに口座持っているのは、はじめから望んだものではなかったんですよ。

Foreland Forex

→ FXCM

→  楽天FX

・・・と流れついたのでした。

参考:経営統合に関するお知らせ

一時期、南アフリカランドを14ロットほど塩漬けしていました(決済ずみ)。

Foreland Forexは、かなり好きな会社でした。


2.  Forex.com


Riselink FXで、まっさきに頭をよぎったのがここ。

次は、Forex.comです。

はっきりいって他の業者と区別がつかないですよね。

ここも実を言うと、望んで口座開設したところではありませんでした。

GFT

→ Forex.com

とにかくForex.comは、口座管理料をとる、という騒動を起こしたところでもあります。

ただ、当時、やはりGFTで、南アフリカランドを 7 ロットほど持っていたので、嫌々作ったという記憶(メモ)があります。

GFTは、ちょっと海外業者に手を出してみようかな、という浅はかな理由で口座開設してしまったとおもいます。

Riselinksなんてみると、もう今ではやらないですが、あれじゃないですか・・・すぐ2万円とかくれるじゃないですか(口座開設→トレード)・・・

・・・それに釣られちゃったんですよね。


3.インヴァスト証券


FX24
→ トライオートFX

インヴァスト証券は、私のメイン口座で、最高で、南アフリカランドを17ロットほど保有していました(メモによる)。

ただ、口座の名前がコロコロ変わるんですよね。

私が持っている口座は現在、トライオートFXです(上掲画像)。

ただ、自動売買を、私はやりません。

参考:FX24 事業統合に関するお知らせ


4.  YJ FX


ここが一番いいとおもってます。

YJ FXは、サイバーエージェントFXが、ヤフーに身売りしたところなんですが・・・

・・・ここは、一番いい会社だと、私はおもっています。

いまでも南アフリカランドを7ロット、トレードしています。


・まとめ


ほかにも外為オンライン、外為どっとコム・・・など、ほぼ全部、私は口座開設したんですが・・・

・・・今回のRiselink FXは、そういった軽薄さは慎んだ方がよい、と痛感した事件でした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m