飯伏幸太 vs. 内藤哲也(2021/2/28 Castle Attack)

(「内藤が取ると思っていたんだが・・・」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

2021/2/28  大阪城ホールで、新日本プロレスの興行 Castle Attack が開催されました。

1日目は、1,186人

2日目は、3,218人

・・・だったようです。

まあ、こんなもんでしょうね。

招待客なんじゃないかなあ・・・だれも行きたくないだろ?コロナすごいし・・・


・どんな試合だった?


棒状になって、
失神したように
フォールする飯伏幸太。

まず、飯伏幸太が、まだ固いですね。

最後、変な動きしてフォールしたんですけど(上掲画像)、その感じ、もっと前面に出した方がいいとおもいます。

もっと”変なヤツ”というイメージを知らしめたほうがいいとおもいます。

その変なフォールで、飯伏幸太がインターコンチネンタル王座を防衛し、依然二冠巻王者です。

次の挑戦者は、大胸筋断裂(大胸筋で左腕に包帯まいています↓)の高橋ヒロムに取って代わって新王者になったエルデスペラード。

参考:HIROMU TAKAHASHI VACATES IWGP JUNIOR HEAVYWEIGHT TITLE

ジュニアの挑戦ですけれども、二冠戦やるみたいです。

内藤も怪我していましたよね↓

参考:TETSUYA NAITO OFF NJPW ROAD TO CASTLE ATTACK DUE TO KNEE INJURY

・・・もしかしたら、もともと内藤にインターコンチネンタル王座取らせるつもりだったけれども、膝のケガが再発したから大事をとって台本変えた・・・のかもしれません。

試合は、正直、私途中で寝ちゃいました。

コロナのせいでもあるんですけど、試合が、とにかくシラけた雰囲気になっちゃうんですよね。

選手同士は、いい試合みせてくれてます。

ただ、動き・・・というか刺激が無いので、べつに危険技するとかじゃなく、上掲画像の変なキャラみせたりだとかで、印象付けがもうちょっとあれば、見やすかった・・・

・・・と寝ていた分際でおもいました。

個人的には、秋前までにIWGPジョンモクスリーに取ってほしいです。

ぜんぜん刺激がちがいますからね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m