再利用されたコンテンツ(YouTube収益化申請却下)

こんばんは、みゅじ子です。

YouTube担当になり、もう数カ月になります。実際、チャンネル運営(本サイト非公開)にも携わり、かなりYouTubeの世界にも詳しくなりました。

今回、かなりのひとが頭を痛めているタイトルの問題について、ご説明したいとおもいます。


・再利用されたコンテンツ


YouTubeの収益化条件は次のとおりです。

再生時間 4,000 時間

登録者数 1,000 人

2018年2月20日施行でした。

もう今では当然のものと考えられていますが、以前は再生10,000回でした。Dailyotionと同じですね。

参考:YouTubeの収益化条件が2018年2月20日変更!規約内容がむしろ歓迎な理由とは

いずれにせよ、現在の収益化条件は、かなり高いハードルです。

動画にもよりますが、ワタシの経験談からいうと、再利用されたコンテンツで引っかかることが多いだけあって・・・

4,000時間を超えるのは比較的容易

登録者1,000人が厳しい

・・・という印象を持っていました。

でも、いまふり返ると、4,000時間もひどく大変です。


・再利用されたコンテンツ


ひとによっては100回くらい
みるとおもいます。

・・・で、死にもの狂いで、4,000時間+1,000人のハードルを超えます。これだけでも大したものです。

ひとによってはチャンネル削除も喰らっているでしょう。

苦労に苦労を重ね・・・そうですね、1年はみた方がいいです・・・収益化申請すると・・・待っているのは上掲画像です。

最後の壁、再利用されたコンテンツ、です。


・再利用されたコンテンツとはなにか?


再利用されたコンテンツとは・・・

テレビ番組をそのままあげている。

CD音源をあげている。

・・・こういったチャンネルです。

コンテンツの力が、他力本願だから、ダメ、というのがYouTubeの理屈です。

もちろん、著作権侵害の視点もありますが、それだけではない、というのがポイントです。

この、それだけではない、というポイントの意味を把握するのが、YouTubeとの戦い(と言ってよいでしょう)の最後の乗り越えるべき壁となります。

ひとことでいえば、それは・・・

自分の頭で考えた動画をつくれ!

・・・ということです。

機械的動画編集とアップロードも、決して楽ではありません。習得には数カ月かかるでしょう。

ただ、そういった臭いのする動画は、削除対象になります。

さいきんで一番キツイとおもったのは、TanukiのBabyBabyの夢(←リンク先のうる星やつらの動画です)の削除ですね。

あれはオリジナリティーあったとおもうんですが・・・


・鍛えられるのも悪くない(が・・・)


こんな感じで悪魔の知らせが来ます。

ワタシは、この収益却下(再利用されたコンテンツ)で、かなり鍛えられたので、もう、他のひとのチャンネルをパッみただけで、抱えている問題を即座に見抜けるようになりました。

Yahoo知恵袋でウワサされているような儲け方は、もはやYouTubeでシャットアウトされている、と考えてよいでしょう。

あまりにも収益化条件が辛いので、くじけたひとは、RTM.clubに走ります。

参考:YouTubeのアカウント販売・買取

RTM.clubに行けば、3万円ほどで、収益化されたチャンネルを購入できます。

これは、収益化にいたるまで、無知識で始めれば2年くらいはかかることを考えれば、そして、収益化にいたるまでのイバラの道を考えれば、べらぼうに安いと言えるでしょう。

しかし、YouTubeのなんたるかをわかっていないで、安易にそういったチャンネルに手を出すと、即座に収益化はく奪されます(上掲画像)。

このため、結局、再利用されたコンテンツとはなにかを、ずっと考えなければならないわけです。

申請が1カ月周期であるため、これは、かなり精神的に来ます。

2回3回は当然くらいで構えた方がよいかもしれません。

しかし、それは、今後のYouTube活動を考えると、経験しておいた方がいいことだとおもいます。

ものすごく疲弊しますが、ネットリテラシーは格段にあがります。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m