Hell in a Cell まとめ(2020/10/25)

(「結構サプライズ多かった」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

(2020年)10月25日、フロリダ州アムウェイセンター、通称サンダードームで、Hell in a Cellが開催されました。

もうあれですね、サンダードームで、WWEのPPVはショーとして十分な雰囲気を出せるようになりました。

あれは強みだったとおもいます。


・サプライズが多かった


【音声はありません】
① レインズがジミーウーソーをフロントチョーク
→ ② タッカーがオーティスを裏切る
→ ③ サシャバンクスがベイリーに快勝
→ ④ ランディオートンがドリューマッキンタイアに快勝

結構サプライズが多かったです。


① ロマンレインズがジェイウーソーに勝利


よくわかんないですが、I quit(わかった辞める)と言ったら負け、という試合を、ウーソーズとの抗争でやってました。

ロマンレインズが圧勝。

ジェイウーソーは I quit と、どうしても言わないので、ジミーウーソーが許してやってくれ・・・

・・・みたいに介入して来たら、レインズがフロントチョークで返り討ち(?)に。

結果、対戦相手のジェイウーソーに間接的に、I quit(わかったよ、辞めるからジミーを放せ)、と言わせました。


② ミズがMTBI契約奪取


ミズ vs. オーティスですが、ヘビーマシーナリーのタッカーがオーティスを裏切り・・・

・・・間接的にミズのMoneyInTheBank契約奪取をサポートする形になりました。


③ サシャバンクスが新王者に


ベイリーにサシャバンクスが勝ちました。

380日のベイリーのSD女子王者が終りを告げました。


④ ランディオートンが新王者に


最後まで印象のない王者だったドリューマッキンタイアから、ランディオートンが王座奪取。

・・・・・

以上です。

今後の展開を追っていきたいと思います。

そうそう、ASUKAもナカムラシンスケも出番はありませんでした。

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m