いよいよヒデオ&トザワを追っているのがココだけの気がして来た・・・。

(「ウチも何時まで追えるか分からんぞ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。205Live、奮い立たせて見ています。徐々にこのサイトがウェブ界の孤島になりかけている気がして来ました。スポーツ新聞さんたちは、最近ヒデオ&トザワについて何か書いているんですかね・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ルチャハウスパーティがタッグ戦線の頂点に君臨。


おもしろくも何ともない画。

(残念なので小さめ)

2018年5月8日205Liveの試合結果です。

ちょっと信じられないですが、ルチャハウスパーティが、最強だと思われたケンドリック&ギャラハー組を下し、205Liveのタッグ勢力の頂点に君臨しています・・・(←やる気出せ、おれ!!)

あれですね、たぶんプッシュ受けてますね、ルチャ。会場の受けが良いし、チビッ子人気がありますから。トリプルHもルチャ的なものに活路のひとつを見出しているのでしょう。

・・・よし、記事が軌道に乗って来たぞ!!


・トニーニースにプッシュ?


キースクレイボール(KeithClayball)氏。

残念なので小さめ。

なぜか、トニーニースがジョバー戦でプッシュされていました。上掲画像は相手のジョバーさん。試合は3分くらい。

うおお、眠気が・・・。

でも、今週のトザワ&ヒデオを伝えなければ意味がない!!


・で、ヒデオ氏のセグメント。


ここは大きめ

で、試合中継が中断され、ヒデオ選手が先週のタッグ決裂事件について語る場面が挟まれます。

ヒデオ氏いわく。

Tozawa made a big mistake. It’s enough, enough, enough…(エコー)

このセグメントが、また短いんだ。

たしかに尺60分なのは分かるが、もうちょっと、見せて欲しかった。

あれなんですよね。SNSができてから、WWEとかもストーリーそっちに丸投げする悪癖出て来たんですよね。

本サイトも、それに思いっきりハマっているんですが。

WWEの思うツボでしょうね、こういうメディアは。


・トザワ選手が答える!


タッグ決裂の当日はブロークンハートだったトザワ選手ですが、時間が経つにつれてムカつき始めたようです。

まずは、WWEがヒデオ選手のコメントを、こんな風にまとめます。

今週(2018/5/8)の205Liveで、ヒデオ本人より、トザワが自分のタッグパートナーに値しないと思っていたことが告白された。「トザワはタッグ戦でミスを犯し続けた。トザワとタッグなんか組みたくなかった」。ヒデオの心中は、そのようなものだったのだ。

(WWE高速ツイートのひとつ。)

このまとめに対して、トザワ氏が反撃に出ます。

ふ~ん。でもオレは、クルーザーウェイトのチャンピオンに1回なっているけどね。ヒデオは、なってないじゃん。ミスを犯したのはお前だよ、ヒデオ。自分の立ち位置を知りな。

(上掲ツイートより)

妙に生生しいんですけど・・・。

いずれにせよ、これで2人の抗争が始まった、と言って良いんでしょう。

どんな風になるんでしょうか。

ただ、2人にはメディアからの興味が急速に失われていることを意識して、頑張ってパフォーマンスしてもらいたいと思います。

3WAYとかにすれば良いかもね。ここでロックスタースパッド(GMマーベリックのこと)介入!とか面白いんじゃない?

外野だから、無責任に何でも言えます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m