勢いづくAEW(2020/12/9 Dynamite)

(「登場時、雪の演出アリ」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

① ケニーオメガ

WinterIsComingから → ImpactWrestling出演(一回目二回目

→ AAA王座保持

② スティング

WinterIsComingから → 今回のインタビュー

このふたつで、一気にAEWが勢いづいてきました。

アメリカではもう、新日本プロレスは忘れ去られつつある・・・という感じでしょう。

とくにImpactWrestlingとの協業示唆は、かなり注目を集めており・・・

参考(2020/12/15):IMPACT WRESTLING LIVE RESULTS: AEW CHAMPION KENNY OMEGA RETURNS

・・・メディアは”ウワサが現実になる”という感じで、いよいよAEWがRAWを打ち負かすんじゃないか、という方向で情報が発信され始めています。

参考:WWE RAW RATINGS HIT NEW ALL-TIME RECORD LOW


・スティングは何を話したか?


バカ売れTシャツを、
ここぞとばかりに
見せびらかすスティング。
右に居るのは
AEWの(?)ヘッドコーチ
Arn Anderson

今回(2020/12/9)、スティングが出演し、なんか話しました。

こんな感じ↓

① スティングが、まず、Tony Schiavone(トニーシバー二って聞こえる)に話しかける。いわく「むかし、オマエ(シバーニ)、It’s Sti~ng!」って言ってくれたよな!

② シバーニが「はい、先輩・・・」みたいに言って「It’s Sti~ng!」と叫ぶ。シバーニのコマおわり。

③ 一応、コーディもリングに居たのだが、ここまで完全にムシされる。その一方で、WinterIsComingにおいてスティングは、コーディを助けたのだった(記事化してません・・・)。

④ 恥ずかしそうにコーディ話す。「サー(=スティング)・・・。待ってました。ずっと一緒にやって行きたいと・・・」

⑤ スティング「・・・いや、オメーのためにAEW来たんじゃないけど・・・」→会場大喜びの喝さい。

⑥ スティング「・・・まあ、AEWとは長い付き合いになるよ。まるで獣のジャングルだ・・・」と言って、観客席で見ているTNT王者のダービーアレンに目を向ける。

⑦ スティング最後にコーディと肩を組む。かたちだけ的な感じ。スティング「じゃあな、坊や(=コーディ)」。

・・・というマイクでした。

千両役者ですね。

このマイクからすると、スティングは試合をしそうですが、ご老体なので(61歳)・・・

各メディアの関心は、まさにそこに(スティング試合できんの?)集まってます。

飯伏幸太か誰かが言ってましたが、真のレスラーは、傘(かなんか)相手でも試合できなければならない、という所がありますから・・・

たぶん、傘スティング相手でも、強敵に見せることのできるプロ(ジェリコとか?)が相手になって、スティングの試合も組まれるんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、スティングの登場と、オメガの動きで、AEWは一気にスターダムに駆け上がっています。

2021年中に、RAWあたりを捉えるんじゃないでしょうか。

というか、RAWがNXTと大差なくなるって見方も出来そうです。

そのくらい、RAWは、WWEの手垢のついたショーと敵視されることが多いようにみえます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m