紫雷イオとKUSHIDA(2020/10/7 NXT)

(「帰って来たエンバームーン
・・・後ろ姿だけど」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

TakeOver31のトニーストーム挑戦表明の直後、バイクに乗ってエンバームーンが登場する(いや、会場前でちゃんと降りたんですが)・・・というシーンがあったんですが・・・

まあ、ケガからのカムバックという劇的な場面があったわけですね。

なんか北斗の拳の敵キャラみたいなイメチェンをして、エンバームーン、カムバックです。

そして今回、紫雷イオと対峙しました(上掲画像)・

・・・ちなみに、キャンディスレラエは、この前のイオ戦敗退を最後に、ジョニーガルガノと夫婦そろって昇格じゃないか・・・なんてウワサもあります。

参考:NXT preview (Oct. 7, 2020): The end of the road?

(以下、画像出典はWWEです。)


・イオさんをよそに・・・


場外乱闘よりも
自分の前髪が大切なイオさん。

今回、エンバームーンが中心だったんですが↓こんなことが起こりました。

① エンバームーンが出てきて紫雷イオに挑戦表明。

② リアリプリーが出てきて、ちょ待てよ!となる。

③ そのリアリプリーが、ダコタカイとラケルゴンザレスに襲われる。

④ GMウィリアムリーガルが出てきて、リアリプリー&エンバームーン vs. ダコタカイ&ラケルゴンザレスでタッグ戦な!と言う。

タッグ戦は、そりゃエンバームーン組が勝ちますわいな・・・


・KUSHIDAはベビーのまんま


Time Splitters ギミック
フォーエバー。

KUSHIDAはKUSHIDAで、今回、大物トマソチャンパと試合をしていました(上掲画像)。

この前のベルベッティーンドリーム戦でヒールターンも視野に・・・だったんですが、ベビーのまんまでした。

ジーパンだけ変わった、みたいな。

試合は、ベルベッティーンドリームが、愉快な介入をして、KUSHIDAがDQ負けをしています。

ベルベッティーンドリームとKUSHIDA、噛み合いますね。

キャラが、という意味で。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m