フィンバラー vs カイルオライリー(2020/10/4 TakeOver31)

(「もとプリンスデイヴィッド」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ほんのすこ~しだけ話題になってきたKUSHIDAに結びつけて、ちょっとフィンバラー見てみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・対カイルオライリー


くーでぐらー!!
(Coup de Graceのアメリカ仏語発音)
→フォールで、
試合はフィンバラーが防衛。

おなじ新日本出身ながら、いまのところKUSHIDAとフィンバラーは交わっていません。

ぜんぜん交わっていません。

フィンバラーが、シャーロットみたいにNXTに一時的出向だとおもっていたら、かなり長い間居座っているので・・・

こうなると、KUSHIDAとの絡みは考えられているとおもいます。

で、フィンバラーは、ここでNXT王者にまでなっています(正確には、その直後アダムコールと一対一で戦って勝った)。

そんなフィンバラーですが、今回、カイリオライリーに対し防衛戦をしました。

見なくても痛々しい試合なんですが・・・


・アゴを割った?


この瞬間
アゴを割った!?

メディアが注目しているのは、この試合でフィンバラーがアゴを割った、ということです。

参考:FINN BALOR SUFFERED BROKEN JAW IN TWO PLACES AT WWE NXT TAKEOVER 31

試合の最終盤、カイルオライリーのニー(ヒザが)フィンバラーのアゴを捉えます(上掲画像)。

その後、フィンバラーは口から鮮血。

そのままCoup de Grace(ダイビング式フットスタンプ)でカイリオライリーからスリーカウントで防衛したのですが・・・

このTweet↓

参考:Google検閲あるので載せられません。

目とかも腫れてますね。

本人は王座返上しない、と言ってますが、どうなるでしょうか。

いずれにせよ、むか~し、ナカムラシンスケがやったみたいにウソ負傷ではないみたいです。

どうなるんでしょうかね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m