遅すぎマネーインザバンク(1):ナカムラ選手の賞味期限は切れたか?

(「すげえ盛り上がり方」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間6月17日(日)、イリノイ州シカゴのオールステイアリーナというところでWWEのPPV大会、マネーインザバンク(Money in the Bank)が行われました。

オールステイトアリーナのキャパは最大で18,500人、うち今回のマネーインザバンク大会の入りは15,214人だったみたいです。まあ、満員ですね。

本大会では、何度目か・・・正直もう忘れましたが、ナカムラ選手がAJスタイルズのWWE王座に挑戦しました。

試合形式は、ラストスタンディングマッチでした(この記事参照お願いします)。

結果はすでにご存知かと思いますが、ナカムラ選手またしても敗北・・・でした。

この結果だけ聞き、ぼんやり生じてくるのは、ナカムラ選手、ついにWWEに見放されたか?賞味期限がもう切れたのか?・・・という他人の不幸大好物妄想でしょう。

この点も含め、いろいろ書かれていますけど(TVゲーム発売のパッケージ画像がAJだからAJ勝ったなど)、とにかく試合見るのが一番なので、試合見て、AJvs.ナカムラ、考えてみたいと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・結論:凄かったです。


Kinshasa on the Table!!

しかもスライディング式

あっさり覆しますが、すごい良い試合でした。

やっぱり実際に試合見るのが一番ですね・・・。

たぶん私がナカムラ選手とAJのファイトスタイルが好きだからかも知れませんが、とにかく、すんごく良い試合でした・・・。

マイナス点はマンネリ感のみで、それを差し引いても、WWEが今出せる最高の試合は、これしかない、といった感じでした。

観客も、たい焼きのアンコみたいに、頭の先からしっぽの先まで大盛り上がりでした。

だから、これ(シンスケvs.ナカムラ)メインにすりゃいいんですけど、2人ともWWEの生え抜きじゃないってのが、判断を躊躇させてるんですかね。

ナカムラ選手も、AJ選手も、動きすごいわ・・・現代プロレス・・・。もっと誰か褒めてあげて。


・ラストマンスタンディングマッチの設定も良かった。


AJをテーブルにぶつける!

テーブル大破!!

(WWEだからテーブルも心持ち高級。)

NXTのウォーゲームズとかもそうなんですけど、凶器攻撃ありの設定って、凶器の導入が試合にメリハリを与えて、非常に良い効果をもたらすんですよね。

本試合(ラストマンスタンディングマッチ)でも、アナウンサー席、テーブル(上掲画像)など、それぞれ良いアクセントになって、長い試合でも飽きの来ないものにしていました。

結局、30分試合してたみたいです。

30分はWWEでは、かなり長い試合時間です。

(WWEでは15分の試合が普通。たぶん制作部がショービジネスの心理学とか勉強しているんでしょう。あるいは、タレント多過ぎなので、サクサク見せないと・・・というのもあるのでしょうね。)


・いやあ、面白かった。


階段からスタイルズクラッシュ!!

観客「ホーリーシット!!」

ワー!ワー!!

とにかく飽きさせない試合で、観客も最後までついて来ていました。

これまでのナカムラvs.AJ戦では一番の出来だと思うんですけど、どう評価されるんでしょうね。

レスリングオブザーバーでも、これは★4以上は鉄板、いや★4.5以上あげなければ、新日本びいきもたいがいにせえよ・・・と怒り心頭なのですが、どうなるんでしょうか。

まあ、アスカ選手のカメーラ戦は1点だったりするかも知れませんが(メルツァーがああいうう終わり方嫌いだから)。


・みんな、AJvs.ナカムラにもう飽きているんでしょうか。


フェノーメナル!!

最後はAJがナカムラ選手に思い切りキンテキ蹴りして、リングからのトップロープダイビング式フェノメナルフォアアームで、10カウントでした。

・・・いやあ、これは説得力あった。

いままで見た中で一番、AJが強そうに見えました。

だから、今回は納得の決着です。

すんげえ、良い試合だったんですが、Cagematchでは8.40と評価が振るっていません(記事の雰囲気下げるんで引用しませんが)。

私としては、素晴らしい試合で拍手。

周囲的には、なぜか酷評・・・という試合です。

とにかく、今回の試合は、誰が何と言おうとベスト。AJもナカムラ選手も、最高のパフォーマンスしてました。

サイコロジーも素晴らしかった。

なんて1人で興奮してますけど、みなさんは、どうお感じでしょうか。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m