サシャバンクスらに絡むか(2020/6/17 NXT)

(「漢の中の漢、イオ師範」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2020/6/17)、紫雷イオは最後ちょこっと登場しただけで、試合はありませんでした。

シャーロットの方は、つぎのRAWでASUKAと王座戦みたいですね。

参考:WOMEN’S TITLE MATCH ANNOUNCED FOR WWE RAW

しっかし、WrestlingObserverあいかわらず広告すごいな~・・・

(以下、画像出典はWWEです。)


・サシャバンクス組の侵攻


ショツィブラックハート
(Shotzi Blackheart)。
ふざけた入場の仕方しますが、
立ちあがると、すごいスタイルよかったりする。

今回のNXTですが、メインで、ベイリー&サシャバンクスのSmackDown王座組が、テーガンノックス&ショツィブラックハート組を・・・

・・・迎え撃つといったらいいのか、迎えに来たというのか、よくわかりませんが、とにかく出張防衛戦でした。

この件については、とにかく、ベイリーのシングル&タッグ二冠の意味がわからん、というのが各方面での反応です。


・サシャバンクス組が勝った


The Bank Statement!!
残高照会、って意味です。

サシャバンクスのことなんて話す機会ないので、すこしだけ触れておきますね。

上掲サブミッションでショツィブラックハートからギブアップを奪いました。

・・・いや、だからどうした、という感じです。

サシャバンクスも息がなが~いレスラーですよね。


・イオ師範が介入してきた


リングで威張り散らすサシャバンクス組を
蹴散らすイオ師範。

・・・と、ここまで日本のファンのみなさんには、どうでもよいことでしょうが・・・

最後、紫雷イオのセグメントがありました。

勝利してリング上で、アタシらのNXTだ!みたいに叫んでいるサシャバンクス&ベイリーに、花道から助走をつけて突っ込みます(上掲画像)。

で、ワタシのNXTだ!と紫雷イオがリング上で、ベルトを掲げて放送終り(トップ画像)。

どうでしょうかね。

ここから紫雷イオと、ベイリーあるいはサシャバンクスとの抗争が始まるんでしょうか。

リアリプリー&紫雷イオ組は、ちょっと違う感じがしますが、仲間割れして、ふたりの抗争が激化するなら歓迎です。

仲間割れは、紫雷イオのお家芸となっています(キャンディスレラエ以来)。

いまとなっては、紫雷イオもキャンディスレラエも、両方ヒールですからね。

なにが起こるかわからん。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m