紫雷イオ善戦(2020/5/20 NXT)

(「神出鬼没の漆黒天女」
このすこしズレた日本語のセンスがたまらん
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

先週のリアリプリー介入をうけ、今回、リアリプリーvs.紫雷イオの遺恨マッチがおこなわれました。

やはりWWEは、紫雷イオを重要人物とかんがえているようで、起用の仕方が、やはりハンパなく豪華です。

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんな試合だった?


けっこうサブミッション系で攻めていた。
原宿クラッチか?
・・・ちがうな。

試合自体は、やはり技術にまさる紫雷イオが、リアリプリーを引きたてつつ・・・

・・・最後は優勢にすすめる、という展開で・・・

・・・これは先週のシャーロット戦に比べれば、よほど説得力がある試合でした。

たぶん、紫雷イオに求められているのは、シャーロットのような大物相手に”合わせる”雰囲気だとおもいます。

ASUKAにもいえるのですが、ちょっとズレているんですよね。

そこをギャーギャー言って、自分のペースに無理矢理引き込むのではなく、オマエやるじゃん・・・みたいな試合運びできるようになれば・・・

・・・もっと評価があがるとおもいます(なんか空気的に、たぶん外人WWEファンは、ASUKAと紫雷イオ、好きではないとおもう)。

ちなみに、ASUKAには、ベビーターンのうわさが流れています↓

参考:Rumor Roundup (May 19, 2020): Roman Reigns’ WWE status, Asuka turn, NXT UK, more!

紫雷イオも、ベビーにもどったほうがいいとおもう。


・シャーロットの介入


介入直後。
リアリプリーは助けられ、
紫雷イオは蹴り喰らった。

試合の結末は、こんな↓感じでした。

① 試合終盤にかけ、紫雷イオが、ハイフライ系の技を入れ、リアリプリーを圧倒しはじめる。

② 紫雷イオ場外にトペを決めたとき、シャーロットが現れる。いいから、気にしないでやりな、下々のものども・・・みたいな雰囲気。

③ 場外で、紫雷イオがヘッドシザース決めたとき、リアリプリーがシャーロットに当たる。ここでシャーロットが、ムカつく。

④ リングに戻って、紫雷イオがふたたびリアリプリーを圧倒して、トドメをさそうとした瞬間、シャーロットが介入し、紫雷イオにビッグブーツ一閃!!

⑤ シャーロットがリアリプリーを助けたかたちになり、没収試合となる。ただし勝者は、紫雷イオ。

・・・というエンディングでした。

・・・まあ、いまが旬のリアリプリー、それから重鎮のシャーロットと、番組作り、しかもメインでやっているので、紫雷イオの位置づけは、これ以上ないものですね。

ASUKAも、ここに絡めていいとおもうんだけどなあ。

紫雷イオと、すっごく初対面みたいな感じで、よそよそし~く、ASUKAには振舞ってもらいたい。

むしろシャーロットのほうが意思疎通できる、みたいな先輩風ふかしてもらいたいです。

たまらん。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m