The Undertaker: The Last Ride

(「おじいちゃんやん・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ちっこいニュースはたくさんあるのですが(※)、WWEが、みろ!みろ!!とうるさい、アンダーテイカーのドキュメンタリー・・・

・・・しようがないので、みました。

アンダーテイカー、ラストライドっていいます。

あのバイク乗るのも、もう歳だから最後だね、みたいな意味だとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)

※シャド・ガスパード(Shad Gaspard)の死亡事故は、決して小さなニュースではないですよね。ご冥福をお祈りいたします。

参考:Shad Gaspard’s body found near site of his disappearance

・・・しかし、午前1時にジョギングしているひとが(遺体を)みつけたみたいです。

コロナ禍中の海水浴で、波にのまれたのが原因の死亡事故なので・・・これも、なんとも・・・といった感じです。

でも、悲劇に変わりはありません。


・どんな話だった?


奥さんのミシェルマクール40歳。
わかいね!

アンダーテイカー55歳。

直近ではレッスルマニアでAJスタイルズと、いい試合というよりドラマを演じたことで、すこし評価をとりもどしていますが・・・

・・・とくにスーパーショーダウン(2019/6/8)でのゴールドバーグとの試合が強烈にヘボくて・・・

もうチョークスラムしかできないんだから引退しろよ!!という印象が強いです。

はい、その印象を、WWE側で裏づけるようなドキュメンタリーでした。

奥さんのミシェルマクール(Michelle McCool, 上掲画像)が出てきては、もうボロボロなの・・・と・・・

スティーブオースティンが出てきては、よくあんなカラダでやるよね、と・・・


・脳震盪を起こしていた


2014年レッスルマニアXXX(30)。
ブロックレスナーに、
レッスルマニア無敗記録を、
ストップさせられた試合。

ドキュメンタリーは、2017年から2020年にかけて撮影されたもので、ようするに、そこで収録された生の声が聞かれるのですが・・・

・・・印象深かったのは2014年のレッスルマニア30(上掲画像)のくだりでした。

ブロックレスナーに負けるのですが、アンダーテイカーは、本当にキツかったらしく、試合のことは全然覚えていない、とドキュメンタリーでコメントします。

なんでも、あの試合が自信喪失の第一歩だったそうです(by アンダーテイカー)

その割には、2012年のレッスルマニアでは、試合後ホテルで2日間寝込んでた・・・ともいっていました。

でも、その後懲りずに8年もやって、2020年も自称現役です。

花道歩く、チョークスラムする、雷おとす、火柱あげる・・・くらいしかできませんが。

結構グロい手術の場面とかも出てくるのですが(たしか腰の手術かなんかしていたんですよね)・・・

やはり、2014年の無敗記録が止められたブロックレスナー戦の話、ですね。

試合後、脳震盪(concussion)を起こしたらしいです。

奥さんのミシェルマクールや、トレーナーがでてきて当時の状況をコメントするんですが・・・

✔ アンダーテイカーは笑っていた。

✔ でも自分が誰かわかっていなかった。

✔ どこにいるかもわかっていなかった。

✔ 盛り上がるレッスルマニア会場を後に緊急病棟へ。

✔ 名前を聞かれてもわからないから、奥さんに質問していた(オレ誰?)

✔ 明け方の午前4時に、ようやく意識が回復した。

・・・だ、そうです。

・・・そりゃ映画スターになったら引退するわな。

アンダーテイカーは、なぜプロレス続けるんですか、みたいな質問コーナーもあったでしょうが・・・

・・・ちょっとキツかったので、最初の20分で、みるのやめました。

もうトップ画像の黄色いTシャツ着たアンダーテイカーみて、これ、一般人でも勝てるだろう、みたいにおもったのは覚えています。

一般人では、レスナーの攻撃に受け身取れませんけどね。

プロレスラーとは、そういう職業かも知れません。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m