ナカムラシンスケひさびさPPV(2019/9/15 Clash of Champions)

(「がん治療の募金よびかけらしい」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間(2019年)9月15日、カリフォルニア州北部にあるSpectrum Centerというキャパ結構あって20,000人くらいまで拡張可能なところにおいて、WWEの秋のPPV(ペイパービュー)クラッシュオブチャンピオンズが開催されました。


・なにもなかった。


女子タッグ戦最中に
24/7王座戦が介入。

今回のPPVは酷かったですね。

観客の入りも悪く、パッと見、通常放送との区別がつかなかったのです(観客動員数は非公表)。

ひとつの焦点としては、カブキウォーリアーズ(ASUKAとカイリセインとペイジのユニット)が挑戦している女子タッグ王座がありますが・・・

・・・今回おこなわれた、アレクサブリス&ニッキークロス(c) vs. マンディローズ&ソニヤデビルにかんしていえば、王者側が防衛しました。

Cagematchの本大会の評価は、5.64で、まだだれも個別に試合を評価していません。

ほんとー~に、つまらなかったようですね。


・ナカムラシンスケの試合。


ここが一番もりあがった。
ミズがシンスケに、
四の字固めをしている。

ひとつ吉報があるとすれば、ナカムラシンスケが、ほんとうにひさしぶりにPPV本戦出場したことでしょう。

試合自体は、自称シンスケサポーターのサミゼインがまわりをぴょうんぴょん飛び跳ねる、お客さん的にもウザったい展開だったのですが・・・

・・・それになりに見せ場はあった、か、な(上掲画像)。

・・・いや、通常放送でやってもよかったような、平凡な試合でした。


・勝った(ナカムラシンスケが)。


キンシャサ
→フォール。

サミゼインの介入で、決定的なところでミズは邪魔されたのですけれども・・・

・・・それで頭に血がのぼってサミゼインを追いかけたところ・・・

・・・ナカムラシンスケにつかまって、紆余曲折あり、上掲画像のような結末になりました。

つまらなかったです。

WWEのインターコンチネンタル王座も何十周年とかいってますけれども、その輪にナカムラシンスケぜんぜん絡んでいないですし・・・

・・・いまのギミックも早めに変えた方がよいと、おもっています。

ようするにミッドカード感は払拭できなかった、ということです。

というわけで、改変期の突貫工事みたいだったクラッシュオブチャンピオンズは、これでよいでしょう。

これからの変化に期待です。

スーパースターシェイクアップもまた、するみたいですね。

そこらへんに注目しましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m