KUSHIDAの試合(2020/4/1 NXT)

(「直近のKUSHIDA」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

盛り上がりに欠けるレッスルマニア、急転直下で視聴率下降中のRAWとSmackDownで、もうどうにもならないWWEですが・・・

・・・つづけることだけでは、つづけているようです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・vs. ホワキンワイルド


ホワキンワイルド
(Joaquin Wilde)。
TJPなんかとおなじように、
フィリピン系なんだって。

今回、KUSHIDAは、ホワキンワイルドというマスク被ってでてきて、いろいろやるレスラーと対戦しました。

・・・ストーリーラインがね・・・みえてこないんだよね・・・KUSHIDA。

ぜんぜんよい抗争相手をあたえられていないんですよ。

で、とうぜん、今回のホワキンワイルドも1回かぎりの相手でした。


・勝った(KUSHIDAが)


腕ひしぎ十字固め。
= アームバー。

試合は・・・もう、なにやってもダメ。

ガラガラが、もう、なにをやってもシラケさせる感じです。

視聴者も限界のようです。

こういうところでWWEは、いろいろ普段からやっているイカサマ(写真のライトとか、歓声挿入とか、合成の飾りとか・・・)、バンバンつかえばいいのにね。

バレさせたくないんでしょう。

ただ、ハリウッド英語みたいにわりきって、もうそういう風に演出してもよいとおもいますす。

試合ですが、KUSHIDAが、ホワキンワイルドに胸を貸すみたいな感じで展開してゆきました。

・・・いろいろ受けた後、最後、アームバーで勝ちました(上掲画像)。


・拉致された。


なぜか拉致される。

ホワキンワイルドは、KUSHIDAとの試合後、フルセイル大学の外でインタビューを裸でうけているとき・・・

・・・なぜか拉致されました(上掲画像)。

それがKUSHIDAにつながるストーリーなのかは、いまのところわかりません。

以上です。

う~ん、キツイね、WWE。

AEWもキツイんでしょうが・・・。

あ、Wrestle-1の最終試合も、ガラガラでやったみたいです。こちらの更新記事の下に書きました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m