追証定理(2020/4/2 FX)

こんばんは、品川です。

コロナウイルスショックで、高金利通貨は、もうボロボロです。

最近よく追証、というか下落した分をフォローするには、どのくらい入金すればよいのか、と相談されるので、簡潔に説明したいとおもいます。


・予備知識


まず追証、追加入金で心得ておきたいのは、つぎのことです。

心得
:レートが変動しても追加入金の量は変わらない。たとえば、ZAR/JPY 10.00のレートだったものが、6.00になったところで、さらに1円さげたとき、受けるダメージは10.00だったときとおなじ。

つまり、10.00 ZAR/JPY → 9.00 ZAR/JPYも、6.00 ZAR/JPY → 5.00 ZAR/JPYもダメージはおなじ、ということです。

いまランドを買っているかたには、レートが下がっているから、ここでの下げは、口座残高に以前より優しく影響するんじゃないか・・・という感覚をもっているかたもいるかもしれません。

それは間違いです。


・追証定理


では、追証定理、いってみましょう(私が勝手に、そう呼んでいるだけ)。

追証定理 Ver.1
1ロット=10,000通貨とし、現在1ロットだけのポジションをもっていたとする。このとき、1円さげたなら、

① 10円から9円に下げるのであろうが、6円から5円に下げるのであろうが・・・

② 通貨ペアがZAR/JPYであろうが、USD/JPYであろうが・・・

損失は、1万円。

計算で使えるかたちで↓

追証定理 Ver.2

♠ロットで買っていた通貨が、♣円下げた場合、

必要入金額(損失)は、♠×♣円。

レートがどこにあろうが、ZAR/JPYだろうが、USD/JPYであろうが、おなじことです。


・証明


直感的に証明しましょう。

たとえば、ZAR/JPYのレート10円のとき、1ロット買っていたとします。

そのときの価値は、10円×1ロット(=10,000通貨)ですから、10万円です・・・(A)

これが(ZAR/JPY)9円に下げたとします。

そのときの価値は、9円×1ロット(=10,000通貨)ですから、9万円です・・・(B)

(A)(B)、つまり、10万円9万円1万円です。(証明終わり)


・ようするに


ようするに、下げた価値だけ損失を被ることになります。

かんがえかたは単純に、結合法則でよいです↓

10円×10,0009円×10,000

=10,000×(10円9円

1万円


・いくら入金すればいいの?


ようするに、追証(追加入金)は、こう↓かんがえてください。

Q1) 何ロット買っているか? →♠ロット。

Q2)レートはどのくらい下がったか? →♣円さげた。

A) ♠×♣=追加入金必要金額 

うえに、追証定理 Ver.2として言っていたことをくりかえしただけです。

単一通貨ポジションでのみかんがえています。

いろいろ買っている場合は想定していません。


・例題


では、例題です。

USD/JPY 107円で、5ロット(50,000通貨)買いました。

その後、レートが6円落ちて、101円になってしまいました。

いくら損失しましたか?

それを埋め合わせる入金額を答えなさい。

解答は、こうかんがえます。

まずは丁寧な考え方で↓

① もともとの価値:107 USD/JPY × 5 ロット = 535万円

② 現在の価値:101 USD/JPY × 5 ロット = 505万円

③ 損失額:30万円。これが、必要入金額(損失額)

追証定理Ver.2をつかえば、つぎのとおり。

5ロット×6円=30万円

・・・簡単ですよね。

でも現在のような有事だと、けっこう、こういった頭の使い方できなくなってしまい、混乱してFX会社に電話するひとなど、おられるみたいなので、あえて、まとめてみました。

お役に立てたら幸いです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m