ASUKA vs. シェイナバズラー(Elimination Chamber)

(「こんな感じで
チェンバー(小部屋)
で待機する」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

エリミネーションチェンバーのメイン、女子エリミネーションチェンバーマッチについて、記事を書きたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・女子エリミネーションチェンバーマッチ


シェイナバズラーが入るところ。
まんなかで倒れているのは、
ナタリア、
サラローガン、
ルビーライオット。

PPV(ペイパービュー)のメインイベントだった女子エリミネーションチェンバーマッチ。

メンツは、以前お伝えしました。

ナタリア、リブモーガン、シェイナバズラー、アスカ、ルビーライオット、サラローガン。

こんな感じで進みます。

① 最初ふたりでスタート。

② しばらくするとルーレットみたいのがまわって、アトランダムにだれかが入る(上掲画像)。

③ フォールか、ギブアップで、退場。

みる(いう)ほどに面白くない、という特徴があります。


・シェイナバズラーのお披露目


アスカにみせつけながら
リブモーガンを
切り札クラッチで
落しているところ。

とにかく、今回の女子エリミネーションチェンバーマッチは、予想通りで、そのままの展開でした。

つまり、昇格したシェイナバズラーが強さをみせつけ、優勝。

まず2番目(選手としては4人目)にリングに入って来た、シェイナバズラーが・・・

ナタリア→リビーライオット→サラローガン→リブモーガン・・・と、ひとりで全滅させてゆきます。

レスナーがよくやるヤツですね。

・・・で、最後アスカと一対一になります(上掲画像)。


・アスカ負ける


立ったまま
切り札クラッチで
ASUKAが落ちる(pass out)。

盛り上がるところですが、盛り上がってなかったですね。

ほんとう、この女子部門にかんしていえば、WWEの思惑通りにはなっていないです。

去年(2019年)、EVOLUTION興行なかったじゃないですか。

WWEに気づいてもらいたいし、もう気づいているかもしれませんんが、やっぱりアメリカで女子プロレスは、無理にみえます。

前もおなじこといってしまいましたが)日本で女子相撲やるようなもんです。

ASUKAという選手も、もうそれほどアメリカ人の興味をひいていないです。

或る種、レジェンド的な知名度だけ、のこっているという印象です。

というわけで、シェイナバズラーが勝ちましたが(上掲画像)、最悪のエリミネーションチェンバーマッチだった、などとWWEのYouTubeにはコメントされています(←動画リンクはでもあるので、よかったらご覧になってください)。

株主とか納得してないんじゃないかな。

メインに女子戦は、もう無理だよ。

ミッドカードくらいで、止めておくべきだとおもう。

最近WWEの女子部門オシをみるたびに、そうおもいます。

女子プロレスは、むしろ日本の十八番ですね。

新日本プロレスとスターダム、どうなるんでしょうかね。そっちのほうが興味ぶかいです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m