NXT TakeOver: Portlandレビュー

(「イオさんの登場は、なし。」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

コロナウイルスの猛威がプロレスにも波及し、ミーティングやら試合やらが、続々予定変更しているみたいです。

そんななか、元気に開催されたのが、NXT TakeOver: Portlandです(2020/2/16)。

観客動員数は未発表ですが、コロナウイルス関係で、現象は避けられなかったでしょうね・・・って、アメリカってどんな感じなの?

(以下、画像出典はWWEです。)


・粒ぞろいの大会


シャーロットが出て来て、
リアリプリーへの挑戦を表明した。

今回のTakeOver興行ですが・・・観ていて、たしかに、おもしろかったです。

NXTもすっかりメジャーブランドになったな~・・・とおもいました。

ただ、見終わって、なにかのこったか、感動があったか、といえば、全部わすれました。

メディア間でも、たいした話題になっていない(そりゃなんか書かれるが・・・)という感じです。

サプライズにつぐサプライズ、という演出も、興ざめですが・・・

・・・それでも、なんもサプライズなかったのはマイナスかも知れません。

たしかにシャーロットが、ビアンカベレア戦に勝利したリアリプリーを背後から攻撃し、レッスルマニアでの挑戦を表明した、というサプライズはありました(上掲画像)。

ただ、ビアンカベレアvs.リアリプリー、おもしろくなかったです。


・また#DIYだのみか?


傷心のチャンパは、
SNS閉鎖を宣言する。
(もちろん芝居)

そうなると、いつものドル箱アングル、チャンパ vs. ガルガノしかありません。

今回のメインは、アダムコール vs. トマソチャンパで、アダムコールが勝ったのですが・・・

・・・アダムコールは、入場してから→アダムコールべいべー!までがすべてなので、そのあとの試合は、トマソチャンパ頼みになります。

(アダムコール、メディア間で評価高いんですけどね・・・よくわからないです。)

試合は、上掲画像のシーン、つまり・・・

① トマソチャンパがNXT王座ベルトで、アダムコールを凶器攻撃しようとしたところ、ジョニーレスリング(ガルガノです)が登場し、

② それはダメだ、みたいにチャンパを説得するとみせかけ・・・

③ (ジョニーレスリングが)チャンパをベルトで襲撃!

④ ぶったおれたチャンパに、アダムコールべいべーがかぶさってスリーカウント。

・・・ここが見せ場でした。

これにより、NXTはふたたび、ドル箱アングル、チャンパ vs. ガルガノ復活させようとしているのが見え隠れします。


・POPPYかな。


“Fill the Crown”
from her new studio album
titled: I Disagree.
ちぇきら。

そうなると結局、POPPYだろう、ということになります。

紫雷イオさん専属の外タレなので・・・もし紫雷イオがケガしてなかったら・・・

今回のTakeOverでも、なにかしらのコラボ、というか紫雷イオの試合はあったはずです(ここらへんのTwitterで紫雷イオもそれを、におわせていた)。

そんな意味で残念でした。

それにしてもイオさんのTwitterは、おもしろいなあ。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m