ブレイワイアット解雇

まさしくこんな感じ。
この記事から)

こんにちは、ヤマガタです。

ビックリなんですけど、ファンに言わせれば当然・・・という複雑な印象で、ブレイワイアット(Bray Wyatt)解雇です。

参考:wwe.comでのニュース

ブレイワイアット、本当にファンの間では評価低いんですよ。


・予想はしていなかった


結局、ぶりぶりにギミック奪われたかたち。

メディア間でも予想はされていませんでした。

ひとつの理由は、アレクサブリスとブレイワイアットの”シスターアビゲイル”アングルがあり・・・

アレクサブリスは、ひきつづき出演していたからです。

でも、びっくりなのは、WWEは、もう完全に、このギミック、アレクサブリスに預けるみたいですね。

WWEの演出として、ブレイワイアットは、アレクサブリスに”追い抜かれる”という場面があった。あれが、結局、現実のものとなったわけだ。

Wyatt (Windham Rotunda) was distracted by Alexa Bliss who, after being aligned with Wyatt in a storyline, said she no longer needed him.

WrestlingObserverのリポート↑です。

参考:‘THE FIEND’ BRAY WYATT RELEASED BY WWE

同リポートによれば、もともと、ブレイワイアットは、8月に戦線復帰する予定だった模様。


・これからメディアで分析されるとおもう


ブラウンストローマンなんて、
とにかくカネがかかりそう。

ブレイワイアットのリリースは、本当に突然で、メディア間での報告が、これから相次ぐとおもわれます。

注目されるのが、おなじワイアットファミリーのブラウンストローマンです(リリースされている)。

AEWがCMパンク投入し勢いを増すことに対するカウンターとして・・・

WWEがブラウンストローマンを呼び戻す、というウワサが、すこし前に流れました。

参考:Braun Strowman: WWE reportedly interested in re-signing former Universal Champion

・・・ただ、今回の件の流れから、ブラウンストローマンのカムバックはなさそう。

ブラウンストローマン自身も、ブラザー待ってるぜ!みたいなWWE外での活動を示唆しています。

参考:ブラウンストローマンTweet

参考:WrestlingObserver

たぶん、WWEは、エッジ、ジョンシナ、ロマンレインズ、セスロリンズ・・・

・・・ここあたりのソリッドなレスリングアングルを、しばらく発展させたいのでしょう。

このため色モノであるブラウンストローマンは予算削減(Budget Cut)の白羽の矢が立った・・・ということだとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m