ASUKAのタイトル戦コントラクト(2020/1/13 RAW)

(「カイリセインが
ベッキーリンチを
傘でつついて
叱られているところ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ブライアンケージ(ImpactWrestlig)がAEWと契約した、とか、しないとか・・・が話題になっています。

参考:Rumor Roundup (Jan. 14, 2020): Tessa Blanchard’s past, AEW-ROH-NJPW, Hart & Austin, more! ←かんけいないけどこの記事の画像反則。

コルトカバナは、もう契約したんですっけ?AEWと・・・

たしかに、この辺、ROHやImpactWrestlingのトップ選手を引っこ抜く、というのがAEWの生き残る術になるとおもいます。

でも経歴みると、WWEいた時期があったりして、やっぱりお下がりか~・・・ってなるんですけどね。

尊師(タイデリンジャー)は、なにやっているんですかね。

AEWでの芸名も、もう忘れちゃいました(ショーンスピアーズです)。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ASUKAの王座戦


オマエはワシに勝たれへん
って何回いわせんねん!
ばーか!!
ばーーーか!!!
ばーーーか!!!!

さて、WWEは年始の稼ぎ頭RoyalRumbleの用意にいそしんでいます。

(2020年)1月26日ですか・・・

男子ロイヤルランブルは、ここでロマンレインズ。

女子ロイヤルランブルは、シェイナバズラー。

という勝者の予測が出ています(いろんなところで、そう書いてある)。

シェイナバズラーにかんしては、まだ昇格判明してないですよね。

ここがサプライズなのかな?

あとエッジが出るとか、出ないとか・・・

話がそれましたが、そんな大興行で、われらがASUKAはタイトルマッチをします。

相手は、出世頭で現在女子王座最長記録更新中だけどピンと来ないベッキーリンチ。

今回、その王座戦の契約セグメントがあり・・・

・・・上掲画像のような淑女ぶりをASUKAさんは披露していました。


・グリーンミスト


グリーンミスト(毒霧)
を吹きかけられて
もがきくるしむ
キルビル・・・
じゃなくて
ベッキーリンチ。

ぶっちゃけ観客はDEAD(シラケている)状態だったのですが・・・

・・・カイリセインの傘つつきなどもあり(トップ画像)・・・

王座戦自体は、オフィシャルになりました。

最後はASUKAが毒霧で、セグメントとしてシメて終り(上掲画像)。

ひと言も英語なかったです。

う~~ん、あきらめちゃったのかな。

ナカムラシンスケといい、ちょっとここ(英語のマイクないところ)、ずっと気になっています。

話さないと、やっぱり影薄く感じるんですよね。

WWE結構、非ネイティブのひと多いので、彼らを見習い、がんばってほしいんですが。

アンドラーデ(メキシコ人)とか、今度チェックしてみたいとおもいます。どのくらい話すのか・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m