カイリセインvs.ベッキーリンチ(2020/1/20 RAW)

(「今回はピンで試合」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

RoyalRumbleが今週末(というか来週初めというか)に迫っています。

同時にをWorldsCollideも、その前日の土曜日に開催されます。

RoyalRumbleが(2020年)1月26日(日)、WorldsCollideが1月25日(土)となっています。

(以下、画像出典はWWEです。)


・カイリセインがベッキーリンチと対戦。


こんな感じでASUKAが
コーナーポストの上
(turnbuckle)
で見守るなか対戦。

日曜日のロイヤルランブルで、ベッキーリンチはASUKAと、RAW女子王座をかけて戦います。

今回はその前哨戦で、カイリセインが、ベッキーリンチとシングル対決しました。

結構これ、重要で、カイリセインの脳震盪が、オフィシャルにもクリアー(解除)になった、ということの証明で、ファンはほっとひと息ですね。

カイリさんも、ツイッターで明言していませんでしたが、この件に暗に触れています(このツイート)。


・負けた。


ディスアーム・ハー!!

まあ、位置づけ的にカイリセインが勝つはずもないところでの試合でしたので・・・

・・・アングル的にASUKAとの確執を深めるのが、今回の試合の目的だったといえるでしょう。

カイリセインも結構、攻め立てていたのですが、最後はベッキーリンチの勝利(上掲画像)。

・・・ただ、カイリセインはファン層が独特なので、出てくればOKという部類だとおもいます。


・ロイヤルランブルに向けて。


ロイヤルランブルに向けての
顔面蹴り!!
このフォームは、
ち~っと、
女子に出せるもんや
ないで・・・

カイリセインが負けた後、案の定ASUKAが入って来て、ベッキーリンチを制裁しました(上掲画像)。

セグメント的には、あんまり盛り上がってなかったかな。

ベッキーリンチの求心力が、次第に薄れて行っているような感じです。

ベッキーリンチの人気が急上昇したのが、おととし(2018年)11月SurvivorSeriesで・・・

・・・その後、レッスルマニアとかブランド入れ替えとかあったので、正直どの時期、どのタイトルが覚えていませんが・・・

・・・とにかくいま一番ながい女子王者らしいです。

アングル的に、これ、レッスルマニアにもってゆくんでしょうね。

だからロイヤルランブルでのASUKA戴冠は、ない、というのが大方の見方だとおもいます。

試合内容に注目しましょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m