レイシ―エバンスがASUKAの王座挑戦決定(2020/2/8 RAW)

(「With リックフレアーとなりそう」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

いまいちわからないリックフレアーとシャーロットの抗争。

このあたりから始まってます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんなアングルか


説教するシャーロット

そもそもリックフレアーが出てきた意味がわからないのですが・・・

みていてわかりはじめたのは、これはレイシ―エバンスのプッシュだ、ということです。

今回(2020/2/8)は、こんな会話をしました。

シャーロット「父さんの力なんか必要としていないのに、なんで邪魔するの?」

リックフレアー「ワシはワシのためにやっているんだ。みたまえ、彼女(レイシ―エバンス)を!」

リックフレアー「彼女こそ、ASUKAを倒すポテンシャルをもった素晴らしいレスラーだ!」

レイシ―エバンス「一緒に、ASUKAを倒しましょう!シャーロット!」

シャーロット「・・・いや、ウザいんだけど。ASUKAとタッグ続けるつもりです。」

・・・というわけで、交渉決裂し、シャーロットとレイシ―エバンスが試合します。

・・・それにしても、リックフレアーの動機がわからん。


・レイシ―エバンスが勝った


これでシャーロットの反則負け。

試合は、シャーロットが押していたんですけれども・・・

・・・最後、レフェリーの抑止を聞かずに、レイシ―エバンスに攻撃を続けた、ということで反則負け(上掲画像)。

これにより、ASUKAへの挑戦権をレイシ―エバンスは手に入れました。

・・・ASUKAの登場はありませんでした。

あと、ロイヤルランブル優勝した(本サイトでは記事化していません)、ビアンカベレアとASUKAの絡みもありませんでした。

とりあえず、以下が決定です。

2020/2/21(マジで?早すぎない?)

エリミネーションチェンバー

ASUKA vs. レイシ―エバンス  (WWE女子王座戦)

う~ん・・・シャーロットの介入は100%ありそう。

ここでASUKAとシャーロットの解体が実現して、レッスルマニアで、シャーロット vs. ASUKAってのが、一番日本の皆さんにも嬉しいんですが・・・

・・・いまのところ、ASUKAとシャーロットのストーリーは、いい感じで熟成されている、という感じです。

どうなるでしょうか。

レイシ―エバンス交えてトリプルスレットでも御の字ですね(レッスルマニアの試合)。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。