ニュース:コーディ, HitRow【追記:ウィリアムリーガル, コーディ続き】

この真ん中にいるリーダー的な
Isaiah “Swerve” Scottが、
Shane ‘Swerve’ Stricklandとして、
AEWにデビューしたみたいです。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

AEWのRevolutionが開催中です。

かいつまんでいうと↓

エディキングストンが、クリスジェリコに勝った。

CMパンクが、MJFに勝った。

いま、歯医者のおねーさん(Dr. Britt Baker, D.M.D.)がタイトルマッチやっているみたいです。


・アイザイア “スワーブ” スコット(Wikipediaによる読み方)


Isaiah “Swerve” Scott・・・昇格した途端に解散させられ解雇された、って悲惨なユニットHitRowのリーダーですね(トップ画像)。

Shane ‘Swerve’ Strickland signs with AEW

Shane ‘Swerve’ Stricklandとして、AEWにデビューしたみたいです。

ずっと↑この名前メディア間で出ていたんですけど、だれのことなんだろう・・・とおもってました。

GCWあたりの選手だと、ぼんやりおもってました。


・コーディ干されるんじゃないの?


昨日、コーディのWWE交渉は順調でリターン直前・・・みたいな記事書きましたが・・・

結局、WrestlingObserverもWrestlingIncも、BodySlam.netを支持しましたね。

Cody Rhodes’ status with WWE ‘is very uncertain’

Backstage News On Cody Rhodes’ WWE Status

なんか、デイブメルツァー(WrestlingObserverの主筆)が、BodySlam.netの初報をパクった・・・という印象があります。

いずれにせよ、なんか、みなくてもわかりますね。

コーディは、WWEに破格の待遇(ロマンレインズくらい)を求めたのでしょう。

それに対し、WWEは短期間で使い捨てするつもりでしょうから、そんな契約できるわけないじゃん、みたいな感じだとおもいます。

他方で、コーディは、AEWの同僚が寂しがっている(んですよ)のに芝居めいた感激もしているのかもしれません(ナルシスト満点)。

も~・・・こいつは業界干されても知らんぞ。

日本の芸能界だったら、干されているでしょうね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


追記:ウィリアムリーガルがAEWに


その必要はあったのか・・・という感じなんですが・・・

AEWPPVレボリューションで、ジョンモクスリーとダニエルブライアンの試合に、ウィリアムリーガルがサプライズ登場したみたいです。

AEW Revolution 2022 results: Only one man could get Danielson & Moxley to stop fighting

ウィリアムリーガルは、今年(2022年)一発目のリリースでした。

新年一発目のリリース(ImpactWrestlingもか!)


追記2:Bodyslam.net


Bodyslam.netは、デイブメルツァー(WrestlingObserber)の”パクリ”を、そうとは考えず、問題の前進と捉えているようです↓

Cody Rhodes No Longer Listed On WWE’s Internal WrestleMania 38 Documents

WrestleManiaでのコーディの一幕が当然、計画されてたわけですが・・・

それが白紙になったとのこと。

まあ、コーディによる演出の却下でしょうね。

ロマンレインズとブロックレスナーの試合にサプライズ介入させろ、くらいのことを言っているのではないでしょうか。