内藤哲也が二冠達成(WK;2日目)

(出典:NJPW
以下同じ。)

こんばんは、ヤマガタです。

2日間に渡って開催されたレッスルキングダムですが、1日目が4万人、2日目が減ってしまって3万人でしたが(明日会社ありますもんね)・・・

・・・有料入場者数のみの計算なので、プラス1万人くらい入っていたのではないでしょうか。

WrestlingObserverのこの記事の写真などみると、かなり成功した興行だったことがわかります。


・内藤哲也が勝利。


入場時の内藤哲也の表情。

結局、新日本プロレスはおととしのストーリーラインを回収する、という選択肢を選びました。

これは、これで、すごくよかったとおもいます。

昨日、飯伏幸太が負けた時点で、私としては、やっぱりオカダカズチカを大プッシュするという路線か・・・

・・・と、うんざりしていたのですけれども・・・

大どんでん返しでした。

結果として、感動は倍増されたので、とてもよかったとおもいます。

・・・ただ、飯伏幸太、今日ジェイホワイトに、ふつうに負けていました。

個人的には、この消化試合(飯伏vs.ジェイ)、意味不明だったので、なにかしらのサプライズが入ると思っていたのですけれども・・・なにもなかったです。

飯伏幸太、契約更新しないんじゃないの?

だから突然、叩かれ役になったんじゃないでしょうか。

飯伏の契約更新の話は・・・ちょっと調べましたが、まだ・・・のようです。


・新鮮味があって、よい試合だった。


足払いから、
リング端に持って行って、
ネックブリーカーは、
内藤が
新しくかんがえたムーブ。

試合自体は、おととしほど詰め込み感がなく、クラシック(名勝負)路線でした。

あと、2日連続の特性が、よく活かされていたとおもいます。

おととしだと、前から、内藤vs.オカダ ×100・・・で新日本の悪い所が出て、ドーム前に前哨戦やりまくって、当日、新鮮味が全然なかったんですけれども・・・

・・・今年は、急遽決まった対戦なので、新鮮味がありました。

あと、内藤哲也、ですね。

このひと、本当よく、研究してるんだな・・・とおもいました。

あの、コーナーポストで、足払いして、ロープでブランコみたいにしてキック当てるムーブ、しなくなりましたもんね。

たぶん、本人、マンネリ感を察知してたんでしょう。

その代わりが、上掲画像のムーブでした。


・とにかく内藤が勝った。


スターダストプレス!!

プロレスコミュニティーだと、また白人のガキが、のろい試合で面白くなかった・・・とかイチャモンつけるとおもいますが・・・

・・・結末がすべての試合なので、私としては、★5以上です。

昨日のオカダカズチカの試合の感じだと、到底、内藤哲也が勝つストーリーは見えなかったんですけれども、このどんでん返しは本当に、すばらしい。

最後、とくに逆転勝利、という感じでもなく、内藤哲也が一方的に攻め込んで・・・

・・・デスティーノ→フォールで勝ちました。

40分くらいの試合で、クラシックとしか言いようがありません。

とにかく、この試合は内容よりも、結末がすべて。

新日本の英断に感激です。

このあと、内藤、どうストーリー組まれるんですかね。

ちらほらとウワサされているEVILの独り立ちがありそうです。

たぶん、そこで同門対決が2020年の中心になるんじゃないかな。

内藤は、高橋ヒロムだけ味方・・・みたいになると、イイ感じです。

盛り上がってますね、新日本。

おもしろい興行でした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m