後藤洋央紀がジョンモクスリーに勝利(G1クライマックス16日目)

(「LA道場なのか・・・」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

みんな大好きジョンモクスリー。

全勝街道をひた走っていたのですが、矢野通戦から調子を崩し、ジェイホワイトにも破れ2連敗(この記事)。

結果、Bブロックはちゃっかり内藤哲也、ジョンモクスリー、ジェイホワイト、後藤洋央紀がみな10点でならぶ大混戦のまま、日本武道館3連戦(10日Aブロック決勝、11日Bブロック決勝、12日優勝決定戦)へと突入となりました。

ちなみに今回の16日目ですが、神奈川県横浜文化体育館というアリーナ席も含めるとキャパ5,000人のところ満員御礼だったみたいです(新日本プロレスサイト)。

絶好調だね、新日本プロレス。


・ジョンモクスリーが負ける。


GTR!!
そういえば昇天しなくなりましたね!
腰への負担が大きいのかな?

とつぜんですが、ジョンモクスリーが後藤洋央紀に負けました。

・・・関係ないですが、せっかくクラウド使ってんだから、早くごとうひろおき後藤洋央紀への変換してほしいです。しらいいお紫雷イオはすぐ改善されたんですけれども・・・。

で、話戻ります。

試合自体は10分もない短いものでした。

ただ、前回のジェイホワイトに比べると、今回は完全に後藤洋央紀の実力勝ちで、ジョンモクスリーも文句はないというところでしょう。


・やはりジョンモクスリー決勝はむずかしいか?


やはり世界中で
ひっぱりだこなんだろう。

う~~ん、今回の三連敗みると、やはりジョンモクスリーは決勝までつき合えませんよ、ということを新日本プロレスに伝えていたのかも知れません。

・・・ただ、内藤哲也決勝進出だと、オカダカズチカでも、飯伏幸太でも、いまいち新しみがない。

ここで後藤洋央紀プッシュも、なにを今更、という感じ。

そうすると、ジェイホワイト?観客がついてきてないんだよなあ・・・。

なら、結局、内藤哲也復活ということになるのでしょうか。

いやあ、ジョンモクスリーじゃなきゃダメなんだが。

実際、今回のG1クライマックス、ジョンモクスリー効果で新日本プロレスは相当潤(うるお)っているらしいです(Cagesideseatsこの記事)。

そのオーディエンスを連れて行くなら、ジョンモクスリー決勝進出させなきゃだめでしょうね。

飯伏幸太vs.ジョンモクスリーがみたいです。

で、飯伏幸太優勝。

・・・と、ここまでジョンモクスリー使いつぶせば、All Outでのジョンモクスリーvs.ケニーオメガも二番煎じ的になり、新日本もよっしゃよっしゃ、という感じでしょう。

関係ないけれどもWrestlingObserver中心に記事読んでいると鷹木信悟への評価は高いみたいですね。今回のG1を機に、ヘビーに完全転向してもらいたいともおもいます。ただ後藤洋央紀と死ぬほどキャラ被っているので要注意です。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m